入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2008年03月15日

インプラントする場所に少し骨が足りない時(浜松市 インプラント 歯周病)

『これまでは子供にお金がかかって、自分のことはほったらかしだったけど、子供も自立したし、これまで後回しにしていた自分の歯をしっかりさせたい。』

『入れ歯だと、味もわからないし、強くかめないし、じゃまだし、何とかしたい。』


このような50代から60代の方は多いのではないでしょうか?

Tさんはまさにそのような50代女性の方でした。
左右の奥歯が全部なくなり、インプラントをされることになりました。左は4ヶ月ほど前にインプラントを入れ、今月仮歯が入って咬めるようになりました。
今日は右側の手術です。
08-0315-01.jpg

『左右同時にインプラントすれば治療が早くなるじゃない?』
という声を患者様からよく聞きますが、左右同時にやったら、かめる場所が無くなってしまいます。
『いつもどこかに咬める場所を残しておく。』
というのが歯科治療の鉄則なのです。

『歯科治療の期間は長い』というのは患者様の生活を配慮しての結果でもあるのです。
患者様の日常生活を無視すれば短期間治療もできるでしょうが、なかなか生活のすべてを歯科治療に向けるということは普通の方にはできません。

閑話休題
骨に高さはありますが、幅がありません。
上の歯ときれいにかみ合う様にインプラントを骨に埋めると、インプラントが骨からはみ出てしまいます。
08-0315-02.jpg

そこではみ出た部分に骨を作るようにしました。
この症例の写真もありますが、あまり気持ちのいいものではありませんので、業者の作った参考例をリンクさせます。

術後ののレントゲン写真です。
08-0315-03.jpg

今回3本歯の無いところに2本インプラントを入れました。
手術費用は
インプラント¥18万×2本+骨つくり¥5万=41万(税別)でした。

かぶせ物の費用は別途かかります。
かぶせ物の種類によって金額が多少変わりますが、総額1本約¥30万、3本で約90万です。

保険の入れ歯と比べたら「30万円」高いと思うかもしれません。
しかし、口の中の異物感がなくなり、自前の歯を削ることなく、入れ歯では咬みちぎれなかったステーキが食べられるようになるならば、海外旅行で1週間の興奮を味わうよりも、はるかにお得ではないでしょうか?

私は入れ歯を専門に勉強してきました。
しかし、咬むことに関して、入れ歯はインプラントにかなわないと感じつつあります。



オペラデンタルオフィス 日本補綴歯科学会認定医

静岡県浜松市にある日本補綴歯科学会認定医(インプラント・入れ歯・差し歯など口腔機能回復の認定医)の歯科医院。
入れ歯、特に部分入れ歯を専門に勉強してきました。
現在ではインプラントと歯周病に力を入れております。
しかし、インプラントは外科治療であるため、糖尿病・高血圧・高齢・その他全身疾患を持つ患者様は避けた方がよい場合があるのも事実です。
入れ歯、歯周病、インプラント、ホワイトニングに関するご相談のある方はご連絡下さい
衛生士さんを募集しています!
ぜひご連絡下さい!




posted by 清水 信行 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

総入れ歯からインプラントへ(浜松市 インプラント 歯周病)

50代男性です。
3ヶ月ほど前にインプラントを埋入し、インプラントが骨と結合したと思われる今月、そのインプラントに仮歯を入れました。
仮歯ではありますが、これで入れ歯のわずらわしさはなくなり、自分の歯とほとんど同じように使える様になりました。3ヶ月前のブログ


「なぜ仮歯なのですか?」というと、自前の歯がある場所に後ほどインプラントをさらに埋入しなければならないからです。
最終的な歯を入れてしまうと、後で作り直さなければならなくなるからです。

08-0309-03.jpg 08-0309-02.jpg 08-0309-01.jpg

術前です。
07-1114-01.jpg

もし最初から1本も歯がなければ、1日でインプラントを埋入し、仮歯まで入れられたかもしれません。患者様にもその説明をしたのですが、欠点として抜歯した後、1月半程、総入れ歯になってしまうという事がありました。
そのため治療期間は少し長くなってしまいますが、部分入れ歯の状態にして日常生活の負担を少なくすることとなりました。

インプラントを考えている患者様へのアドバイスですが、
上あごと下あご、予算の都合上どちらか一方だけにインプラントをしたい場合は、下にインプラントをすることをオススメします。
なぜなら、入れ歯は上の方は何とか受け入れることができますが、下の方は受け入れられないことが多いからです。



オペラデンタルオフィス 日本補綴歯科学会認定医

静岡県浜松市にある日本補綴歯科学会認定医(インプラント・入れ歯・差し歯など口腔機能回復の認定医)の歯科医院。
入れ歯、特に部分入れ歯を専門に勉強してきました。
現在ではインプラントと歯周病に力を入れております。
しかし、インプラントは外科治療であるため、糖尿病・高血圧・高齢・その他全身疾患を持つ患者様は避けた方がよい場合があるのも事実です。
入れ歯、歯周病、インプラント、ホワイトニングに関するご相談のある方はご連絡

下さい

衛生士さんを募集しています!
ぜひご連絡下さい!
posted by 清水 信行 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

歯が1本だけ無い場合の治療法(浜松市 インプラント 歯周病)

本日午後にインプラント手術をしました患者さんです。

左上に虫歯で崩壊した歯があったのですが、激烈な痛みが出たため、半年ほど前に以前住んでいた地域で抜歯されたそうです。

歯が無くなった場合、選択肢は4つしかありません
1.何もしない。、2.入れ歯、3.ブリッジ、4.インプラントです。
保険・自費の違いはあっても、治療法としては4つしかないのです。
今回の場合、無い歯の両隣に歯があるため、両隣を削ってかぶせ物でつなげるブリッジと言う方法が最も一般的です。
しかし、一般的である反面、虫歯の無いきれいな歯を削ると言う大きな欠点があります。

今回の場合、費用はかかりますが、
「歯へのダメージが最も少ない治療方法=インプラント」 
となりました。

術前
08-0301-02.jpg

術直後
08-0301-03.jpg

術後レントゲン
08-0301-01.jpg


直径4.1mm、長さ13mmの3iインプラントを埋入しました。
手術に要した時間は、口の中の掃除、麻酔、埋入、縫合、止血で実質45分程度でした。
今回は骨を増やす手術等はしていませんので金額は¥180,000でした。この後、別途かぶせ物の費用が発生しますので、総額約¥300,000となります。
4ヵ月後には仮歯が入り、見た目と咀嚼機能の回復ができるようになる予定です。



オペラデンタルオフィス 日本補綴歯科学会認定医

静岡県浜松市にある日本補綴歯科学会認定医(入れ歯・差し歯の認定医)の歯科医院。
入れ歯、特に部分入れ歯を専門に勉強してきました。
現在ではインプラントと歯周病に力を入れております。
しかし、インプラントは外科治療であるため、糖尿病・高血圧・高齢・その他全身疾患を持つ患者様は避けた方がよい場合があるのも事実です。
入れ歯、歯周病、インプラント、ホワイトニングに関するご相談のある方はご連絡下さい
衛生士さんを募集しています!
ぜひご連絡下さい!
posted by 清水 信行 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

インプラントを行う前の患者様への説明(浜松市 インプラント 歯周病)

インプラントを行うためには、インプラントを入れる場所に骨のある程度の量がなければできません。
骨が無ければインプラントが露出してしまうからです。

歯科医院にある一般的なレントゲンでは、骨の厚みはわかっても骨の幅はわかりません。
そこで大きな病院へいらして頂き、CT撮影をしていただきます。

そしてフィルム見て診断します。
フィルムとは病院ドラマで、医者が電灯にすかしてみる黒い紙の様な物です。
レントゲンフィルム


ところが、歯医者はこのレントゲンを読影できても、患者様にはほとんどそれはできません。
加えて顎の骨は小さく、フィルムの縮尺率の問題もあるため、フィルム上ではミリ単位での正確な長さ・大きさはわかりません。

そこで、患者様には理解していただきやすく、歯科医師にとっては正確な長さ・大きさを知るために、画像分析を行います。

fig2.jpg


下あごのインプラントを行うときに気をつけなければいけないことは神経や血管を傷つけないと言うことです。
この分析画像をご覧いただければ、患者様もご自身の顎の骨がいかなる状態で手術に伴うリスクはどの程度かも理解していただけます。
歯医者の私としても、手術前にリスクを減らす様々な手段を講じる事ができます。

レントゲンやCTといった検査をやったからと言って骨が増えるわけではありません。しかし、敵を知らずに挑んでいく事が勇敢とも思えません。
「検査、検査と言ってないでさっさと治療しろ!」
という声を聞くと、情報軽視はわれわれ日本人の特性なのかと思います。

CT撮影して画像分析を行うと4〜5万円かかりますが、安全な治療のために、ぜひともお願いします。



オペラデンタルオフィス 日本補綴歯科学会認定医

静岡県浜松市にある日本補綴歯科学会認定医(入れ歯・差し歯の認定医)の歯科医院。
入れ歯、特に部分入れ歯を専門に勉強してきました。
現在ではインプラントと歯周病に力を入れております。
しかし、インプラントは外科治療であるため、糖尿病・高血圧・高齢・その他全身疾患を持つ患者様は避けた方がよい場合があるのも事実です。
入れ歯、歯周病、インプラント、ホワイトニングに関するご相談のある方はご連絡下さい
衛生士さんを募集しています!
ぜひご連絡下さい!


posted by 清水 信行 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

インプラントとかみ合わせの変化(浜松市 インプラント 歯周病)

数ヶ月前にインプラントを埋入し、今月硬い歯ぐきをインプラントの周りに移植し、仮歯を入れた患者様です。
インプラント周囲への硬い歯ぐきの移植についてはこちら1.2.3.

下あごの両方の奥歯がそれぞれ4本無く、奥歯では全くかめません。
また、骨も無いため、インプラントと同時に骨を作りました。
インプラントの周りに人工の骨を付着させ、流れ落ちないようにするために金属の膜で押さえつけています。
術中写真もあるのですが、一般の方には刺激が強いので省略します。
金属の膜のパンフレットを参考にご覧ください。

08-0216-01.jpg
エックス線写真


手術をした歯ぐきが治るまではプラスチックでできた仮の歯を入れます。
1週間前には上の歯としっかり咬んでいました。
ところが、今日見ると、奥歯は全く咬んでいません。
08-0216-02.jpg


これは歯が磨り減ったのではありません。
あごの関節が本来の位置に戻ってきたため、歯がかみ合わなくなってきたのです。奥歯がなくなると、歯というあごの動きのストッパーがなくなるため、あごの関節が奥の方へ押し込まれてしまうのです。
おそらく、来週見ると、また少し奥歯に隙間ができていることでしょう。
この現象が起こると、首や肩の疲れが改善していくことが多いようです。奥歯にプラスチックを盛り足しました。
08-0216-03.jpg

私は大学で入れ歯を主として専攻してきました。
入れ歯でもかめるようになると、この様なことが起こります。
しかし、インプラントの方がより顕著におこるようです。
入れ歯よりインプラントの方が咬む能力が高いと言うことでしょう。

反対側にもインプラントを入れていく予定です。
入れ歯なしでしっかり咬める様になる日を楽しみにしていて下さい。
その時には首や肩の疲れも改善していることでしょう。



オペラデンタルオフィス 日本補綴歯科学会認定医

静岡県浜松市にある日本補綴歯科学会認定医(入れ歯・差し歯の認定医)の歯科医院。
入れ歯、特に部分入れ歯を専門に勉強してきました。
現在ではインプラントと歯周病に力を入れております。
しかし、インプラントは外科治療であるため、糖尿病・高血圧・高齢・その他全身疾患を持つ患者様は避けた方がよい場合があるのも事実です。
入れ歯、歯周病、インプラント、ホワイトニングに関するご相談のある方はご連絡下さい
衛生士さんを募集しています!
ぜひご連絡下さい!
posted by 清水 信行 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

下がった歯茎を元に戻す(浜松市 インプラント 歯周病)

「歯茎が下がって見た目が良くないのを治したい。」というのが主訴の女性の方です。

07-1213-04.jpg

できれば黒矢印のかぶせ物は外したくないとの事でした。
日本人は歯茎の薄い方が多いため、かぶせ物の縁などの刺激によって歯ぐきが下がってしまう場合が多々あります。
患者様の希望を受け入れ、かぶせ物は外さずに、下がった分だけ歯茎を作ることにしました。

また、青矢印の部分のかぶせ物はやり直すことにしました。
下がった歯茎のラインにかぶせ物の縁を合わせれば、歯と歯茎の境目のラインがほぼ左右対称に近くなると判断したためです。
しかし、ただかぶせ物をやり直しただけでは、また、歯茎が下がってしまいます。
理由は歯茎が薄く、外部からの刺激に弱いからです。
そこで、この部分は歯茎を厚くすることにしました

07-1213-03.jpg

術後です。
黒矢印の部分は歯ぐきが増え、露出した歯の根をほぼ覆うことができました。かぶせ物は何もしていません。
青矢印の部分は写真ではわかり難いですが、歯茎の厚みが増え、かぶせ物をしても歯茎が下がりにくくなりました。
歯茎のラインもほぼ左右そろいました。

ただ単に、かぶせ物をやり直すだけならば、治療期間は非常に短くてすみます。
しかし、治療期間が多少長くなっても、歯茎が下がらないような処置をしていることを評価して頂ければありがたく思います。

治療の費用は
手術代¥60,000+材料代30,000×歯の本数2本=¥120,000
これを2回行いました。
白いかぶせ物の歯の値段の相場が約¥100,000であり、歯茎が下がりにくくなることを考えれば、費用対効果(コストパフォーマンス)は良いと思います。

下がった歯茎を元に戻す:他の例



オペラデンタルオフィス 日本補綴歯科学会認定医

静岡県浜松市にある日本補綴歯科学会認定医(入れ歯・差し歯の認定医)の歯科医院。
入れ歯、特に部分入れ歯を専門に勉強してきました。
現在ではインプラントと歯周病に力を入れております。
しかし、インプラントは外科治療であるため、糖尿病・高血圧・高齢・その他全身疾患を持つ患者様は避けた方がよい場合があるのも事実です。
入れ歯、歯周病、インプラント、ホワイトニングに関するご相談のある方はご連絡下さい
posted by 清水 信行 at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

自費による抜歯(浜松市 歯周病 インプラント)

抜歯は保険診療で行うことができます。
しかし、保険を使わない自費による診療の方がよりよいことができます。

左下奥歯がグラグラするという事でいらした患者様です。
白い矢印で囲まれた部分が膿んで骨が無くなった所です。
ただ単に抜歯しただけでは、傷が治った後、大きくへこんでしまいます。すると、インプラントも入れ歯もうまく入れることができません。
07-1128-01.jpg

そこで抜歯をした時に人工骨を入れ、治癒した時にへこまないようにしました。これをソケットプリザベーションといいます。
07-1128-03.jpg
矢印で囲まれた部位が骨の無かった部位です。
ある程度骨様組織ができています。抜歯・人工骨填入3ヵ月後の実際の写真です。
07-1128-02.jpg
矢印で囲まれた部位が、新たにできた骨様組織です。
この部分にインプラントを埋入しました。
07-1128-04.jpg

もし、人工骨を入れていなければへこんでしまい、大きな段差ができて食べかすが詰まったり、入れ歯ががたついたりしてしまったと思われます。
また、インプラントを入れようとしても骨が無いため、インプラントが顎の神経や動脈を傷つけてしまい、大変なことになってしまいます。
そして、後から骨を作るのは非常に難しい技術が必要となってきます。


抜歯を保険で行い、その後に人工骨を入れるという事は、残念ながらできません。
なぜならば、保険診療と自費診療とを同時に行ってはならないという、混合診療の禁止というルールがあるためです。


抜歯と人工骨填入の両方を自費で行うと、今度はかぶせ物や入れ歯が保険でできなくなる可能性があります。これも技術の問題ではなく、制度上の問題のためです。都道府県によっても省庁の判断が違うと思います。

今回の場合、インプラントを行うことが事前に決まっていたため、行うことができました。

抜歯・人工骨填入(ソケットプリザベーション)の費用は技術料¥30,000+材料料¥30,000×本数1本=¥60,000でした。
3ヵ月後の本日のインプラント埋入の費用は¥180,000でした。



オペラデンタルオフィス 日本補綴歯科学会認定医

静岡県浜松市にある日本補綴歯科学会認定医(入れ歯・差し歯の認定医)の歯科医院。
入れ歯、特に部分入れ歯を専門に勉強してきました。
現在ではインプラントと歯周病に力を入れております。
しかし、インプラントは外科治療であるため、糖尿病・高血圧・高齢・その他全身疾患を持つ患者様は避けた方がよい場合があるのも事実です。
入れ歯、歯周病、インプラント、ホワイトニングに関するご相談のある方はご連絡下さい




posted by 清水 信行 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

総義歯からインプラントへ(浜松市 歯周病 インプラント)

50代男性です。
下の歯は残念ながら1本も残せそうに無いと診断しました。
上の歯も3本ほどしか残せそうにありません。
保健治療でまずは部分義歯を入れました。
上は非常に安定しているのですが、下はどうしても動いてしまいます。
07-1114-01.jpg

入れ歯は上と下とでは大抵、下のほうが難しいのです。
理由は上は面積を大きくすれば吸着させられますが、下は舌があるため面積が小さくなり、かつ、舌という筋肉の塊によって入れ歯が常に動かされてしまうからです。

患者様へのアドバイスですが、入れ歯で費用をかけるならば下の方にかけるのが良いと思います。

患者様の希望により、取り外し式の入れ歯をなくし、出し入れしない固定式の歯するということになりました。
上はレジリエンツ・テレスコープ・デンチャーを予定しています。


完成予想図です。
07-1114-03.jpg

本日左に3本、右に1本インプラントを埋入しました。
07-1114-02.jpg

矢印で示した自前の歯も抜歯してインプラントにしたかったのですが、一時しのぎとして使っている部分入れ歯が総入れ歯となってしまい、使いにくくなってしまうため、しばらく残すこととなりました。
治療期間は長くなってしまいますが、治療期間中における日常生活の不備を少しでも少なくするためにはやむをえませんでした。

約3ヵ月後、矢印の歯の抜歯と同時にこのインプラントで入れ歯を固定する予定です。



オペラデンタルオフィス 日本補綴歯科学会認定医

静岡県浜松市にある日本補綴歯科学会認定医(入れ歯・差し歯の認定医)の歯科医院。
入れ歯、特に部分入れ歯を専門に勉強してきました。
現在ではインプラントと歯周病に力を入れております。
しかし、インプラントは外科治療であるため、糖尿病・高血圧・高齢・その他全身疾患を持つ患者様は避けた方がよい場合があるのも事実です。
入れ歯、歯周病、インプラント、ホワイトニングに関するご相談のある方はご連絡下さい

posted by 清水 信行 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

インプラントを長持ちさせるための歯周外科処置(浜松市 歯周病 インプラント)

50代女性。下の歯がぐらぐらすると言うことで来院されました。

07-1102-02.jpg


下の歯の3本のうち、一番手前は割れています。真ん中の歯の根は非常に短くほとんどありません。1番後ろの歯はもともと存在しません。

咬み合う上の歯も1本割れています。歯並びは非常に乱れています。
赤線で示した基準線よりも飛び出ています。
基準線より飛び出た上の歯に咬みこむ下の歯は、負担過重でたいてい破折・動揺をおこし、脱落・抜歯となります。

入れ歯無しで咬めるようにするためにインプラントにして欲しい。
しかし、それ以外の治療は可能な限りやらないで欲しい。
とのことでした。

患者様の気持ちはわかるのですが、「可能な限り手をつけないで欲しい、しかし、よい結果は出して欲しい。」という要望は、最も難しい要望の一つです。
要望を受け入れ、治療箇所を少なくし、妥協を重ねると、確実に治療結果の永続性が落ちるからです。

インプラントを埋入して3ヶ月の写真です。
07-1102-03.jpg


硬い歯ぐき(角化歯肉)が無いため、インプラントが露出してしまいました。
矢印が硬い歯ぐきと軟らかい歯ぐきの境目を示しています。
このままかぶせ物を作ろうと思えば作れます。
しかし、確実にインプラントのもち(永続性)は低下します。
口を開け閉めするたびに軟らかい歯茎はインプラントの周りからはがされ、そこに汚れがたまり、インプラントの周りに歯周病(インプラント周囲炎)がおこるからです。

手術は誰しも可能ならば避けたいものです。
患者様と何度も打ち合わせをし、利点欠点を説明の上、様々な妥協をここまでにしてきました。
しかし、これだけはやらずに済ませるわけにはいかないことを説明し、硬い歯茎を作る手術に同意していただきました。

完成したところです。
07-1102-04.jpg


矢印よりも上の部分が硬い歯肉、角化歯肉です。口を開け閉めしても、インプラントのまわりの歯ぐきは微動だにしません。よって、インプラント周囲にプラークは入りにくくなり、歯周病(インプラント周囲炎)のリスクは低下しました。
このインプラントの周りに硬い歯ぐきを作る技術は、歯周病に対する外科的治療の応用です。

インプラント治療と歯周病治療は密接な関係があることを御理解下さい。



オペラデンタルオフィス 日本補綴歯科学会認定医

静岡県浜松市にある日本補綴歯科学会認定医(入れ歯・差し歯の認定医)の歯科医院。
入れ歯、特に部分入れ歯を専門に勉強してきました。
現在ではインプラントと歯周病に力を入れております。
しかし、インプラントは外科治療であるため、糖尿病・高血圧・高齢・その他全身疾患を持つ患者様は避けた方がよい場合があるのも事実です。
入れ歯、歯周病、インプラント、ホワイトニングに関するご相談のある方はご連絡下さい




posted by 清水 信行 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

歯周病の患者様への注意事項(浜松市・歯周病・インプラント)

テレビでは神の手を持つスーパードクターが鮮やかに病気を治していきます。
そのため、「たかが歯周病くらい簡単に、あっという間に、下がった歯ぐきも10代の頃のように、元通りになるだろう。」と思っている方もいらっしゃると思います。
残念ながら歯周病で失った骨は基本的に戻らないのです。 (一部分ならば例外もあります。)
よって、歯ぐきが下がって歯が伸びた場合、その状態で炎症を抑えていくしかないのです。

昨年の夏に当医院のHPのタバコについての記事をご覧になって行らした40代男性の患者様です。
いままで1日30本喫煙されていたのをすっぱりやめてくださいました。
初診時の写真です。

07-1023-02.jpg 07-1023-01.jpg 07-1023-03.jpg

重度の歯周病です。
骨が無くなっているにも関わらず、歯ぐきは腫れ上がっているため、歯の長さにあまり変化はありません。

歯周病の治療を行うと、化膿して腫れ上がった歯ぐきを引き締めることになるため、結果として歯が長くなります。
「治療を受けたら歯が長くなった。歯医者のせいで悪化した。」
とおっしゃって来院される患者様もおられます。
しかし、これは決して悪化したのではないのです。
骨の位置に対して健全な位置に歯ぐきが戻っただけなのです。


約1年かけて6回手術を行い、写真のようになりました。
07-1023-06.jpg 07-1023-04.jpg 07-1023-05.jpg

歯ぐきをただ単に除去するわけではありません。
硬い歯茎を残したまま、悪い歯茎だけを除去します。
これを根尖側移動術(APF)といいます。
(1本のインプラントにAPF行った症例)
だいぶ歯が長くなりましたが、決して悪化したわけではありません。
前歯は手術から日がたっていないため、多少血が出ています。
しかし、
排膿や口臭は全くありません。歯ぐきもピンク色になりました。手術だけでなく、患者様の断煙のおかげでもあります。

もうしばらくしたら、矯正をして歯並びを整える予定です。

くどいようですが、歯周病の治療を受けて歯が長くなるのは、化膿・炎症がなくなってきている証拠であることを御理解下さい。



オペラデンタルオフィス 日本補綴歯科学会認定医

静岡県浜松市にある日本補綴歯科学会認定医(入れ歯・差し歯の認定医)の歯科医院。
入れ歯、特に部分入れ歯を専門に勉強してきました。
現在ではインプラントと歯周病に力を入れております。
しかし、インプラントは外科治療であるため、糖尿病・高血圧・高齢・その他全身疾患を持つ患者様は避けた方がよい場合があるのも事実です。
入れ歯、歯周病、インプラント、ホワイトニングに関するご相談のある方はご連絡下さい




posted by 清水 信行 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

静かに、無症状に進行する病気:歯周病(浜松市 歯周病 インプラント)

歯の検診をして欲しいということで来院された50代女性です。
本人によると「気になる所は全く無い」とのことです。
見た目も悪い所は無さそうです。
歯の写真は一般の方には気持ち悪いかもしれませんので小さくしてあります。クリックで拡大します。
09-1005-01.jpg

しかし、念のため骨の無くなり具合を器具を使って調べ、図に表してみました。
09-1005-02.jpg
赤の幅が大きい程、骨が無くなり、歯周病が進行していることを表しています。
歯周病に侵されていない場合、赤の幅は横軸1段分しかありません。

この様に、
見た目に問題なくても、気になる所が無くても、歯を支えている骨が無くなっているのが歯周病の怖さなのです。
逆に言えば
歯がグラグラして生活に支障をきたしている場合は、歯周病の末期状態なのです。

患者様にこの状態を説明し、骨を新たに作る方法:再生療法を試みることとなりました。

歯ぐきを開いた所です。
09-1005-03.jpg
歯を支える骨がなくなっているのがお分かりいただけるでしょうか。
歯を支える骨が無くなることには、歯周病だけではなく、歯にかかる力も関係しています。

エムドゲインと人工骨を骨の無くなった部分に入れたところです。
09-1005-04.jpg

これから約1年待ち、できあがった骨様組織の形態を整える治療をして終了です。

治療費は¥90,000+税でした。
約1年後に骨様組織の形態修正および硬い歯茎を作る治療を行います。その費用は¥30,000+税です。

どの様な状態でも、この治療法ができるわけではないことをご了承下さい。



オペラデンタルオフィス 日本補綴歯科学会認定医

静岡県浜松市にある日本補綴歯科学会認定医(入れ歯・差し歯の認定医)の歯科医院。
入れ歯、特に部分入れ歯を専門に勉強してきました。
現在ではインプラントと歯周病に力を入れております。
しかし、インプラントは外科治療であるため、糖尿病・高血圧・高齢・その他全身疾患を持つ患者様は避けた方がよい場合があるのも事実です。
入れ歯、歯周病、インプラント、ホワイトニングに関するご相談のある方はご連絡下さい


posted by 清水 信行 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

硬い歯茎を移植無しでインプラントの周りに作る (浜松市 インプラント 歯周病)

4ヶ月前にインプラントを埋入しました。
骨が少なく、インプラントが一部見えていたので人為的に骨を作りました。
その治療の結果、インプラントの周りに硬い肉が少なくなってしまいました。

術前写真です。一般の方には気持ち悪いかもしれませんので小さくします。
画像はクリックで拡大します。
07-0629-01.jpg

模式図です。
07-0629-01B.jpg

今までの症例では硬い歯茎(角化歯肉)を天井から移植してきましたが、(インプラントex1インプラントex2)この症例では角化歯肉がインプラント周囲に多少残っているので、それを上の方へスライドさせることにしました。
07-0629-02.jpg

硬い歯茎を縫いつけたところです。
07-0629-03.jpg

模式図です。
07-0629-03B.jpg

手術の範囲が非常に小さいため、痛みはほとんどありません。
鎮痛薬は1錠しか飲まなかったとのことです。
硬い歯茎は、歯やインプラントを汚れや歯周病菌から守ります。
このような硬い歯茎の作り方もあるのです。

手術費用(インプラント2次手術)は¥30,000でした。
(インプラントを植立する(インプラント1次手術)費用は¥180,000でした。)


オペラデンタルオフィス 日本補綴歯科学会認定医

静岡県浜松市にある日本補綴歯科学会認定医(入れ歯・かぶせ物の認定医)の歯科医院。
入れ歯、特に部分入れ歯とかみ合わせを専門に勉強してきました。
現在ではインプラントと歯周病に力を入れております。
しかし、インプラントは外科治療であるがために、糖尿病・高血圧・高齢・その他全身疾患を持つ方は避けた方がよい場合があるのも事実です。
入れ歯、歯周病、インプラント、ホワイトニングに関するご相談のある方はご連絡下さい。



posted by 清水 信行 at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

噛みたい位置と噛める位置の違い (浜松市 歯周病 インプラント)

「複数の歯がグラグラする(歯周病)」ということを主訴として来院されました。
正面観です。

07-0430-08.jpg

「口を閉じてください。」と申しますと、犬歯だけが当たってしまいます。
他の歯は全く当たっていない
ので、当然このままでは噛めません。
患者様は顎を無意識に前に動かして受け口のようにし、左右の奥歯が当たるようにしていました。(左右の奥歯が噛んでいる写真は撮り忘れました。)

顎の筋肉や関節にとって噛みたい位置は写真の位置です。
しかし、歯にとって本当に噛める位置は全く違う場所です。

歯周病もあるのですが、この犬歯は無意識のうちにガンガン当たるためぐらついてきたと思われます。

どの程度、歯を調整したら、噛みたい位置と噛める位置が一致してくるか調べるために噛み合わせの分析をしました。

07-0430-01.jpg
噛み合わせを分析する咬合器という器具です。
患者様がその場にいなくても、顎の動きをある程度再現できます。

07-0430-02.jpg

07-0430-10.jpg

筋肉や関節にとって噛みたい位置では、奥歯は全くあたっていません。

07-0430-03.jpg
07-0430-04.jpg
模型には金色のスプレーをかけています。

07-0430-05.jpg
かみ合せの調整を模型上で行った所です。
奥歯が噛む様にになってきました。

07-0430-06.jpg
07-0430-07.jpg
金色のスプレーが取れている所が調整した部位です。
これによって、どの歯をどの程度調整すれば、「噛みたい位置と噛める位置」が一致するかがわかりました。

患者様に確認していただき、歯を調整させていただきました。
すると、
「楽に口が閉じられる。うまく物が噛める」と言っていただけました。

噛みたい位置と噛める位置が完全に一致する人は、まず、いません。歳を取るにつれ「噛みたい位置」は変化していきますし、その時のストレスの度合いによっても変化します。

しかし、あまりにも差が大きい場合は、歯がグラグラしてきたり、顔や首・こめかみの筋肉痛がおこる場合もあります。
入れ歯ですと、何回調整しても痛みが取れない時があります。


オペラデンタルオフィス 日本補綴歯科学会認定医

静岡県浜松市にある日本補綴歯科学会認定医(入れ歯・かぶせ物の認定医)の歯科医院。
入れ歯、特に部分入れ歯とかみ合わせを専門に勉強してきました。
現在ではインプラントと歯周病に力を入れております。
しかし、インプラントは外科治療であるがために、糖尿病・高血圧・高齢・その他全身疾患を持つ方は避けた方がよい場合があるのも事実です。
入れ歯、歯周病、インプラント、ホワイトニングに関するご相談のある方はご連絡下さい。

posted by 清水 信行 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

歯茎をこれ以上下げないために  (浜松市 歯周病 インプラント)

「歯茎が下がってきたが、これ以上下げたくない。」
ということが主訴でした。
その他にも、歯ブラシを当てると痛む、口の中が狭くて歯ブラシが入らない、ということもおっしゃっていました。

07-0424-01.jpg

歯周病で歯茎が下がったのもありますが、生まれつき硬い歯茎が少ないため、ちょっとした刺激で歯肉が下がってしまうのです

07-0424-02.jpg

07-0424-03.jpg

わずかに存在する硬い歯茎も歯や骨と全く、くっついておりません。
歯ブラシを当てると痛むのは硬い歯茎が少ない為です。
また、歯ブラシが入らないのは、硬い歯茎が無く歯の直下から頬になっているために、歯ブラシの入る空間がないことに原因があります。
根面被覆という手段も考えましたが、これでは硬い歯茎ができても歯と頬の粘膜の間に距離を作ることができないので、歯ブラシが入りません。


そこで天井にある硬い歯茎をこの部分に移植する、遊離歯肉移植を行いました。術後2ヶ月の写真です。

07-0424-04'.jpg

歯の根もとに硬い歯茎ができることにより、歯茎の減少の予防ができました。
患者様も、
「歯ブラシを当てた感じが全然違う、歯茎が頑丈になったのがわかる。」とおっしゃって下さいました。
費用は1歯¥60,000、本ケースでは3歯¥180,000でした。


オペラデンタルオフィス 日本補綴歯科学会認定医

静岡県浜松市にある日本補綴歯科学会認定医(入れ歯・かぶせ物の認定医)の歯科医院。
入れ歯、特に部分入れ歯とかみ合わせを専門に勉強してきました。
現在ではインプラントと歯周病に力を入れております。
しかし、インプラントは外科治療であるがために、糖尿病・高血圧・高齢・その他全身疾患を持つ方は避けた方がよい場合があるのも事実です。
入れ歯、歯周病、インプラント、ホワイトニングに関するご相談のある方はご連絡下さい。
posted by 清水 信行 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

インプラントの周りに硬い歯茎を作る (浜松市 歯周病 インプラント)

硬い歯茎を歯の周りに作ると、歯が歯周病菌や外部からの刺激に抵抗できるという話は以前書きました。

では、インプラントはどうでしょうか。
インプラントも歯も、過剰な力と歯周病によって失われます。
歯を失う原因にはこれらに虫歯が加わります。


ではインプラントの周りに硬い歯茎を作るのはどのようにやるのでしょうか。実はやり方は同じです。

07-0203-01'.jpg

濃い茶色に染まっている部分が軟らかい歯茎です。
インプラントの周りは軟らかい歯茎だけで、硬い歯茎は全くありません。
このままでも被せ物を作ることはできますが、軟らかい歯茎は頬の粘膜に引っ張られてしまうため、口を開け閉めするたびに、インプラントの周りの歯茎が開き、汚れが入り込んでしまいます

この症例は以前被せ物まで入れたのですが、その時は患者様の希望で硬い歯茎までは作りませんでした。
メンテナンスの際にその必要性を説明し、同意を受けました。

口の天井の歯茎をインプラントの周りに移植しました。(遊離歯肉移植術
術後2週間の写真です。

07-0203-02'.jpg

インプラントの周りに硬い歯茎ができ、頬の粘膜への移行部がインプラントのはるか下に移動したのがお分かりいただけるでしょうか。
これによっていくら口を開け閉めしても、インプラントの周りの歯茎が引っ張られることはなくなりました
硬い歯茎に覆われているので、強く歯ブラシを当てても痛まなくなりました。
さらに頬の移行部が下に移動することによって、口の中が広がり、歯ブラシを奥まで入れやすくなったとのことです。

インプラントが失われる原因のうち、歯周病に対する対策はこれで完了しました。
もう一つの原因、「過剰な力に対する対策」(同一症例)もごらんください。


インプラントに硬い歯茎を作るときは2次手術として、1本¥30,000かかります。
自前の歯の場合は1本¥60,000です。


オペラデンタルオフィス 日本補綴歯科学会認定医

静岡県浜松市にある日本補綴歯科学会認定医(入れ歯・かぶせ物の認定医)の歯科医院。
入れ歯、特に部分入れ歯とかみ合わせを専門に勉強してきました。
現在ではインプラントと歯周病に力を入れております。
しかし、インプラントは外科治療であるがために、糖尿病・高血圧・高齢・その他全身疾患を持つ方は避けた方がよい場合があるのも事実です。
入れ歯、歯周病、インプラント、ホワイトニングに関するご相談のある方はご連絡下さい。

posted by 清水 信行 at 22:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

歯周病を進行させない為に硬い歯茎を作る (浜松市 歯周病 インプラント)

30代男性。
重度の歯周病でしたが、約1年の治療で化膿している部分はほとんどなくなりました。
写真と説明図です。

07-0201-1.jpg

07-0201-1'.jpg


硬い歯茎(角化歯肉)は外部からの刺激や細菌による攻撃から強いのに対し、軟らかい歯茎(歯槽粘膜)は簡単に化膿します。
この症例では硬い歯茎が少ない(幅:約1.5ミリ)ばかりではなく、この硬い肉が歯や骨とくっついていません。(繊維性結合が無い)
歯茎の上部1ミリはどんな健康な方でも歯肉は歯とくっついていないのです。
よって実質、硬い歯茎はないに等しく、化膿しやすい状態にあるといえます。
歯ブラシが当たっても痛いという状態です。
これ以上歯ぐきを下げるわけにはいきません。

そこで硬い歯茎を顎の天井から移植しました。(遊離歯肉移植術)
術後2週間の写真です。

07-0201-2.jpg

07-0201-2'.jpg

硬い歯茎が大幅に増えました。
これは歯周病菌や外部の刺激から歯を守るバリアーができたことを意味します。
さらに、口を開け閉めしても矢印のあたりから頬の粘膜が始まるため、歯の周りの歯茎が引っ張られて無くなっていくという事もありません。

これによって歯の延命が約束されました。

費用は1歯@¥60,000、この症例では2歯@¥120,000でした。

保険のきかない白い歯の費用の相場が¥100,000であることを考えれば、非常にお得で、しかも歯を残すことのできる治療と思います。


オペラデンタルオフィス 日本補綴歯科学会認定医

静岡県浜松市にある日本補綴歯科学会認定医(入れ歯・かぶせ物の認定医)の歯科医院。
入れ歯、特に部分入れ歯とかみ合わせを専門に勉強してきました。
現在ではインプラントと歯周病に力を入れております。
しかし、インプラントは外科治療であるがために、糖尿病・高血圧・高齢・その他全身疾患を持つ方は避けた方がよい場合があるのも事実です。
入れ歯、歯周病、インプラント、ホワイトニングに関するご相談のある方はご連絡下さい。

posted by 清水 信行 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

下がった歯茎を元に戻す (浜松市 歯周病 インプラント)

40代男性、下がってしまった歯茎から膿が止まらない、20数年前から膿が出る、という事で来院されました。(黒い矢印)
06-1018-1.jpg
特に、より大きく下がった歯茎と歯の境目から膿がでていました。
歯の根が9割弱、露出しています。

模式図を示します。
06-1018-2.jpg
歯茎の下がった歯の根元には硬い歯茎が全くありません。(青い矢印)
そのため口を開け閉めするたびに、歯の根元の肉が頬に引っ張られて、カンガルーの袋のように開いてしまいます。そこに汚れがたまって、化膿してしまうのです。(青い矢印)
さらに付け加えて、頬につながる強いスジがあるため(黒い矢印)、口を開け閉めするたびに歯から歯茎が奪われてしまうのです
歯周病というよりも、生れついての歯茎の形に原因があったと思われます。

そこで治療目標を
1.膿みを出ないようにする。
2.硬い歯茎を歯の周りに作る。

とし、努力目標として
下がった歯茎を元に戻して露出した根を可能な限り覆う
としました。
あまりにも露出量が大きく、しかも虫歯にもなっているので全部覆うことは難しいと説明しました。

術後3ヶ月です。
06-1018-3.jpg

術前
06-1018-1.jpg

長年の間(20数年)、膿が出て困っていたそうですが、なくなりました。
また、硬い歯茎もできました。
そのため満足していただけました。


しかし、ほんの少し歯茎が下がり、完全には歯の根を覆うことはできませんでした。
もう1回治療をすれば覆えるかも知れませんが、患者様の希望で終了としました。
数年経過すると歯茎が盛り上がってくることもあるので、それを期待することにしました。

治療費は手術代¥60,000+材料代¥30,000×歯の本数2本=¥120,000(税別)です。
保険のきかない白い歯の費用の相場が¥100,000であることを考えれば、非常にお得で、審美性を高めることのできる美容整形外科治療だと思います。


オペラデンタルオフィス 日本補綴歯科学会認定医

静岡県浜松市にある日本補綴歯科学会認定医(入れ歯・かぶせ物の認定医)の歯科医院。
入れ歯、特に部分入れ歯とかみ合わせを専門に勉強してきました。
現在ではインプラントと歯周病に力を入れております。
しかし、インプラントは外科治療であるがために、糖尿病・高血圧・高齢・その他全身疾患を持つ方は避けた方がよい場合があるのも事実です。
入れ歯、歯周病、インプラント、ホワイトニングに関するご相談のある方はご連絡下さい。

posted by 清水 信行 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

骨をつくる:再生療法 (浜松市 歯周病 インプラント)

40代女性。
すべての歯が歯周病になっていると言うことで来院されました。
特に写真で示す歯は前後左右に1〜2oほど揺れていました。
抜歯も考えたのですが、この歯を抜くと奥歯がなくなるため、入れ歯になってしまいます。
そこで患者様の歯を残したいと言う希望を受け、再生療法を行うこととしました。

術前の写真です。('04.11)
骨の高さを緑の線で表しています。
06-0823-02.jpg

術後約1年半後の写真です。('06.7)
06-0823-04.jpg

だいぶ骨もできてきましたし、動揺もなくなりました。
しかし、多少骨ができておらず、くぼんでいる部分があります。
できればもう一度再生療法をするか、逆に骨を削ってなだらかな形にしたい所です。
患者様の希望もあり、再度の治療は行わないこととなりました。

再生療法は過去の骨の量を100%戻すのではなく、過去の70%位の骨の量まで戻すことを目標としていることを御理解下さい。

また、この症例では矢印で指し示した歯の股の部分(根分岐部)の骨もある程度再生しているようです。
しかし、これは私にとってはうれしい誤算であり、根分岐部の骨の治療は特に難しいことをご了承下さい。


治療費は手術費¥60,000+1歯あたりの材料費¥30,000+税です。
この症例は1歯ですので¥90,000+税でした。
2歯ならば¥120,000+税となります。

材料はエムドゲイン・GTR膜・DFDBAのいずれか、もしくはいくつかを併用いたします。
このうちDFDBAは厚生労働省の認可はありませんが、世界中で過去25年間にただの1度の問題もありません。(1995)(1年間に500,000ケース、うち歯科関係200,000ケース)
もちろん、患者様が使用をためらう場合は使用いたしません。


オペラデンタルオフィス 日本補綴歯科学会認定医

静岡県浜松市にある日本補綴歯科学会認定医(入れ歯・かぶせ物の認定医)の歯科医院。
入れ歯、特に部分入れ歯とかみ合わせを専門に勉強してきました。
現在ではインプラントと歯周病に力を入れております。
しかし、インプラントは外科治療であるがために、糖尿病・高血圧・高齢・その他全身疾患を持つ方は避けた方がよい場合があるのも事実です。
入れ歯、歯周病、インプラント、ホワイトニングに関するご相談のある方はご連絡下さい。



posted by 清水 信行 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

硬い歯ぐきをつくる (浜松市 歯周病 インプラント)

今回もインプラントの周りに硬い歯ぐきをつくる事に関する話です。
一般の方にとってはあまり気分のいい写真ではないため、画像は小さくしております。
クリックすると画像は拡大します。

06-0816-01.jpg
緑の丸のあたりにインプラントが埋まっています。
インプラントのほっぺた側(写真手前)はやわらかい歯ぐき(歯槽粘膜)だけで硬い歯ぐき(角化歯肉)はありません。
このままでは歯周病に弱いインプラントになってしまう恐れがありました。

06-0816-02.jpg
やわらかい歯茎を除去して、インプラントを露出させた所です。
ここに硬い歯茎を移植します


06-0816-03.jpg
口の中の天井(口蓋)から硬い歯茎を取ってきて、移植した所です。

06-0816-05.jpg
移植2週間後の状態です。
インプラント部にはプラスチック(レジン)で作った仮歯(かりば)入っています。
染色液によってこげ茶色に染まっているのが軟らかい歯茎です。
染まっていないのが硬い歯茎です。
インプラントの周りは硬い歯茎になっているのがお分かりいただけるでしょうか。
矢印で指し示している所まで、硬い歯ぐきの移植を行えばよかったと思っています。

完成した所です。
06-0816-06.jpg 06-0816-07.jpg 06-0816-08.jpg

硬い歯茎はやや減少しましたが、インプラントの周りは硬い歯茎で覆われています。
手術の回数は2回になってしまいますが、
硬い歯茎をインプラントの周りに作って歯周病に対抗させるということが、
長い目で見たときは良いことであると思います。

費用の内訳
サージカルガイド:¥10,000
CT撮影:¥7,000
画像分析:¥20,000
一次手術:@¥180,000×2本=¥360,000 (インプラント埋入)
二次手術:@¥30,000×2本=¥60,000  (硬い歯茎を作る) 
被せ物:インプラントの部分・白@¥120,000
    インプラントの部分・金@¥80,000
    インプラントの無い部分・白@¥90,000 (ダミーもしくはポンティックといいます。)

総計:¥747,000(税別)
期間:約6ヶ月


オペラデンタルオフィス 日本補綴歯科学会認定医

静岡県浜松市にある日本補綴歯科学会認定医(入れ歯・かぶせ物の認定医)の歯科医院。
入れ歯、特に部分入れ歯とかみ合わせを専門に勉強してきました。
現在ではインプラントと歯周病に力を入れております。
しかし、インプラントは外科治療であるがために、糖尿病・高血圧・高齢・その他全身疾患を持つ方は避けた方がよい場合があるのも事実です。
入れ歯、歯周病、インプラント、ホワイトニングに関するご相談のある方はご連絡下さい。
posted by 清水 信行 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

硬い歯ぐきをつくる(浜松市 歯周病 インプラント)

硬い歯ぐき(角化歯肉)は歯周病に強いと言う話を前回いたしました。
そこで今回は硬い歯ぐきをインプラントの周りにどうやって作っていくのかを示そうと思います。
一般の方にとってはあまり気分のいい写真ではないため、画像は小さくいたします。クリックすると画像は拡大します。



06-0815-01.jpg
薬を塗って軟らかい歯ぐきの部分をこげ茶色に染め出しています。
インプラント(金属の蓋の部分)のほっぺた側(写真手前)は軟らかい歯ぐき(歯槽粘膜)ばかりで硬い歯ぐきがありません。
このまま歯を作ることもできるのですが、歯周病に弱いインプラントとなってしまう恐れがあります



そこで口の中の天井(口蓋)から硬い歯ぐきを取ってきて、軟らかい歯ぐきの所へ移植しました。
06-0815-02.jpg


移植1週間後の写真です。
かなりくっついてきています。
完全に同一化するのに2ヶ月くらいかかります。
06-0815-03.jpg
インプラントの周りは硬い歯ぐきになったため、歯周病・細菌・汚れに強くなったと思われます。

術前の写真と、移植3週間後の写真です。仮歯が入っています。
硬い歯茎ができ、平らだった歯ぐきの土手に高さができたのがお分かりいただけるでしょうか。
06-0815-01.jpg 06-0829-01.jpg

痛みに関しては個人差が強いため正確な数値は示せませんが、10人中8人くらいは思ったほど痛くなかったとおっしゃいます。
しかし、やはり1週間くらいは熱い物や柑橘類の果汁で痛みはあると思います。
治療は苦痛ではありますが、それでも今後のことを考えると、必要性はあると思います。

完成した所です。

06-0815-04.jpg 06-0815-05.jpg

インプラントの周りは硬い歯茎で覆われています。
手術の回数は2回になってしまいますが、
硬い歯茎をインプラントの周りに作って歯周病に対抗させるということが、
長い目で見たときは良いことであると思います。

費用の内訳
サージカルガイド:¥10,000
CT撮影:¥7,000
画像分析:¥20,000
一次手術:@¥180,000 (インプラント埋入)
二次手術:@¥30,000  (硬い歯茎を作る) 
被せ物:インプラントの部分・金@¥80,000

総計:¥327,000(税別)
期間:約6ヶ月


オペラデンタルオフィス 日本補綴歯科学会認定医

静岡県浜松市にある日本補綴歯科学会認定医(入れ歯・かぶせ物の認定医)の歯科医院。
入れ歯、特に部分入れ歯とかみ合わせを専門に勉強してきました。
現在ではインプラントと歯周病に力を入れております。
しかし、インプラントは外科治療であるがために、糖尿病・高血圧・高齢・その他全身疾患を持つ方は避けた方がよい場合があるのも事実です。
入れ歯、歯周病、インプラント、ホワイトニングに関するご相談のある方はご連絡下さい。


posted by 清水 信行 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。