入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2014年10月04日

ICOI(国際インプラント学会)での認定医の受賞

WEB1.jpg
ICOIで認定医の受賞をしました。
インドや台湾からも受賞者がいらしていました。
タキシードを着ての授賞式です。このような正装をするのは初めてなので、緊張しつつもうれしく思います。

インプラントは手段であり、治療における戦術の一つです。
正しいかみ合わせ、正しい顎関節の位置、噛み合わせを通じて全身の健康に寄与するのが私の目標です。
posted by 清水 信行 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

1つの箇所に複数の問題3(浜松市 歯周病 矯正 インプラント 咬み合わせ 歯科)

続きです。
1つの箇所に複数の問題があることは珍しくありません。
浜松市 インプラント 歯周病 矯正 歯科
1. 被せ物をしている歯の周りが化膿して骨がなくなっていてためグラつきがあり、痛みが出て噛めません。
2・ 抜歯して前後の歯を削ってブリッジにするのが一般的ですが、手前の歯は舌側に大きく傾いて、被せ物でつなげることができません。
3. 硬い歯ぐきがほとんどないので、口の開け閉めをするたびに歯の根本から歯ぐきが引き剥がされて、化膿しやすいという状況でもあります。歯茎に立ち上がりがなく、歯の根本からいきなり頬が始まるので、歯ブラシを入れるスペースがありません。


3ヵ月後の状態です。傷は治っています。
骨はできたのですが、骨を人為的に作ろうとすると、骨を覆う肉が足りなくなってしまう為、より一層歯ぐきの土手と硬い歯肉が無くなってしまいます
浜松市 インプラント 歯周病 矯正 歯科
このままかぶせものをやってしまうと被せ物と頬の間にスペースが無い為、歯ブラシを入れることができなくなります

そこで次に硬い歯ぐきを作る処置をします。
インプラントや自前の歯の周りに硬い歯ぐきを作る手術、遊離歯肉移植術(FGG)を行いました。
浜松市 インプラント 歯周病 矯正 歯科
インプラントの周りに硬い歯ぐきと土手ができ、頬の粘膜までの距離ができました。これによって歯ブラシを入れるスペースができ、インプラント周囲の清掃生を高めることができます。
既に入っている被せ物や仮歯の適合性など細かい点はまだまだ問題がありますが、大きな3つの問題は解決してきました。
数ヶ月待って最終的な被せ物を入れていく予定です。

posted by 清水 信行 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

1つの箇所に複数の問題2(浜松市 歯周病 矯正 インプラント 咬み合わせ 歯科)

続きです。
1つの箇所に複数の問題があることは珍しくありません。
浜松市 インプラント 歯周病 矯正 歯科
1. 被せ物をしている歯の周りが化膿して骨がなくなっていてためグラつきがあり、痛みが出て噛めません。
2・ 抜歯して前後の歯を削ってブリッジにするのが一般的ですが、手前の歯は舌側に大きく傾いて、被せ物でつなげることができません。
3. 硬い歯ぐきがほとんどないので、口の開け閉めをするたびに歯の根本から歯ぐきが引き剥がされて、化膿しやすいという状況でもあります。歯茎に立ち上がりがなく、歯の根本からいきなり頬が始まるので、歯ブラシを入れるスペースがありません。

抜歯と矯正で、化膿と位置異常は無くなりました。
浜松市 インプラント 歯周病 矯正 歯科
化膿はなくなりましたが、抜歯した部分は大きくへこんでいます


そこで、骨を作る作業とインプラントを行いました。
出血を伴う処置の為、写真は白黒にしております。
浜松市 インプラント 歯周病 矯正 歯科

3ヵ月後の状態です。傷は治っています。
骨はできたのですが、骨を人為的に作ろうとすると、骨を覆う肉が足りなくなってしまう為、より一層歯ぐきの土手と硬い歯肉が無くなってしまいます
浜松市 インプラント 歯周病 矯正 歯科
このままかぶせものをやってしまうと被せ物と頬の間にスペースが無い為、歯ブラシを入れることができなくなります

そこで次に硬い歯ぐきを作る処置をします。

posted by 清水 信行 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

1つの箇所に複数の問題(浜松市 歯周病 矯正 インプラント 咬み合わせ 歯科)

1つの箇所に複数の問題があることは珍しくありません。
患者さんにとっては 「痛い、かめない」 の一つの症状でも、複数の問題が複合していることはよくあることです。

浜松市 インプラント 歯周病 矯正 歯科
「痛い、噛めない」 という患者さんです。
1. 被せ物をしている歯の周りが化膿して骨がなくなっていてためグラつきがあり、痛みが出て噛めません。
2・ 抜歯して前後の歯を削ってブリッジにするのが一般的ですが、手前の歯は舌側に大きく傾いて、被せ物でつなげることができません
3. 硬い歯ぐきがほとんどないので、口の開け閉めをするたびに歯の根本から歯ぐきが引き剥がされて、化膿しやすいという状況でもあります。歯茎に立ち上がりがなく、歯の根本からいきなり頬が始まるので、歯ブラシを入れるスペースがありません

1箇所ではありますが大きな問題だけでも上記3つあり、一つ筒解決していかなければなりません。
時間はかかります。
歯を削って被せ物にすると歯の寿命が短くなることから、欠損部分はインプラントにすることになりました。

浜松市 インプラント 歯周病 矯正 歯科
痛みのある被せ物を抜歯して、舌側に倒れた歯を頬側へ起こし始めているところです。
抜歯した部分は化膿していて骨が無く、陥没しています。


浜松市 インプラント 歯周病 矯正 歯科
およそ半年後です。
倒れた歯は本来の位置に戻り、上の歯とかみ合うようになりました


次は欠損部分に インプラントと骨を作る 治療です。
posted by 清水 信行 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

血圧を下げる薬と歯周病・歯肉増殖(浜松市 歯周病 入れ歯・義歯 インプラント かみ合わせ)

歯周病で歯がグラグラする、歯茎から血が出る ということを主訴として来院された60代男性です。

浜松市 歯科 白い歯 審美歯科 かみ合わせ 入れ歯

歯周病で歯茎が腫れることは珍しいことではありません。
しかし、全顎的にこれほど腫れているのは少し珍しいです。
薬の既往を伺うと、血圧降下剤を服用されていました。
カルシウム拮抗薬 といわれる薬です。
血管を広げて血流をよくし、血液の抵抗を減らして血圧を下げる作用があります。
心臓の収縮を押さえて、休ませる働きもあります。
安全性が高いので非常に良く使われます。

カルシウム拮抗薬を服用しているからといって、必ず歯茎が腫れる訳ではありません。
カルシウム拮抗約を服用して、かつ、歯みがきがあまり良くできておらず歯周病があると、写真のように全顎的に歯茎が腫れるケースが出てきます。

歯石除去と歯みがき指導をしたのですが、なかなか歯茎の腫れが引いてきません。
担当のお医者様にお願いして薬を変えて頂きました。約2ヶ月の写真です。

浜松市 歯科 白い歯 審美歯科 かみ合わせ 入れ歯

カルシウム拮抗約は安全性が高いので、どうしても変更できないとなると、歯周病治療は困難になります。
「たかが歯みがき」 と思わずに、ぜひとも口腔内の清掃をお願いします!

ちなみに、歯周病を改善させると、それだけで血糖値や血圧が改善されるという報告もあります!





posted by 清水 信行 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

インプラント治療失敗から学ぶ講習会

講習会出席のため名古屋に行きました。
インプラントの講習会では一般的に、どのようにすれば成功するか を学びます。 当然と言えば当然です。
しかし本日の講習会はインプラントの危険性を学ぶものでした。
講師の先生は非常に技術の高い方です。
そのような高い技術をもった方が成功したと思った症例でも、経年的に悪化し、目を覆わんばかりの状態になってしまうこともあると言うことを知りました。
私自身も恥ずかしながらインプラント治療に失敗したことは何回もあります。
しかし、私の失敗とはレベルが違いました。
私が同じ立場になったら、歯科医を辞めるどころか人生をやめたくなるような、そんなレベルです。

「インプラント治療とは 常態の患者に対して、機能的・審美的に優れた病態を作り出す治療である。」
と言う言葉が印象に残ります。

機能回復におけるすばらしい治療であることは間違いありません。
しかし、この講義を見てあらためて入れ歯の重要性を確認しました。
posted by 清水 信行 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

インプラントの型取り(浜松市 インプラント 歯周病 顎関節症)

インプラントの型取り(印象採得)です。 歯科治療では型取りをして、模型を作って、模型の上で被せ物を作って、それを患者さんの口の中に装着していきます。
手術直後の写真はこのページです。

当医院ではインプラントの周りに硬い歯茎を作ります。インプラントに限らず自前の歯でも必要に応じて硬い歯茎を作ります。
この硬い歯茎があると、自前の歯もインプラントも、その周囲が化膿しにくくなります。
浜松市 インプラント 歯周病 顎関節症
硬い歯茎を作る手術をしてから数ヶ月は待たなければなりません。
その間にかみ合わせを整えます。

インプラントの型取りは、じつは自前の歯の型取りよりも簡単です。
なぜなら工業製品であるため、型取りで再現しなければならない部分が機械研磨されているからです。

もう少しです。がんばっていきましょう!




posted by 清水 信行 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

インプラントを守る硬い歯ぐき(浜松市 インプラント歯周病 咬み合わせ)

本日日曜は東京での講習会に出席しております。歯周病・インプラントに関してです。
歯ぐきには硬い歯ぐき(角化歯肉)と軟らかい歯ぐき(歯槽粘膜)とがあり、角化歯肉の幅が多い程、歯やインプラントに炎症がおこりにくくなります。
論文の上では角化歯肉幅と歯周病には関係はないというものもあります。
とはいえ歯槽粘膜の方が角化歯肉より炎症が広がりやすいのは事実です。

インプラントを骨に入れると、硬い肉が不足するようになることが多々あります。
講師の先生は日本でも非常に高名な歯周病・インプラント専門医ですが、その先生もインプラントをやった場合、8割以上の症例で角化歯肉の移植(遊離歯肉移植術:FGG)をするそうです。


遊離歯肉移植術:FGGをするとこのようになります。 これは4週間程前に手術して、先週抜糸した症例です。
インプラントを3ヶ月前に埋入し、骨にくっついたので表に出してくる手術です。
術前浜松市 歯科 インプラント 歯周病 咬み合わせ 術後浜松市 歯科 インプラント 歯周病 咬み合わせ
術前は頰の粘膜が歯ぐきの土手の頂上にまできています。頂上にはインプラントが埋まっています。
インプラントの周りがこのような頰の粘膜ですと、口を開け閉めするたびにインプラントの周りの歯ぐきがはがされて、インプラントとの境目に汚れが入り込んで炎症をおこしてしまいます。
術後のように白い硬いに歯肉 角化歯肉 がインプラントの周りにあると、口の開け閉めをしてもインプラントの周りから歯ぐきは引きはがされません。

この白くて硬い歯肉 角化歯肉は口の中の天井から取ってきて、インプラントの周りに移植します。


手術は決して気分の良いものではありません。
角化歯肉がなくてもインプラントは持つという話もあります。
しかし、メンテナンスを数年続けていくと、あきらかに角化歯肉の多い症例の方が歯やインプラントのもちが良いです。

Mさんおつかれさまでした。
もう、外科手術はありませんからご安心ください。
完成に向かってがんばっていきましょう!

上の歯も・・・
posted by 清水 信行 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

歯周病治療、インプラント、矯正(浜松市 歯周病 インプラント)

昨日の骨を作ってインプラントをした症例の続きです。
歯周病治療も終わり、インプラントは1本だけ入れて、矯正治療に入りました。
矯正が終わったら奥歯の何本かを抜歯してインプラントにする予定です。
初診時と現在です。
浜松市 インプラント 歯周病 浜松市 インプラント 歯周病

浜松市 インプラント 歯周病 浜松市 インプラント 歯周病

矢印の場所が骨や歯肉を作った所と骨を作ってインプラントを入れた所です。前回紹介した部分です。
2ヶ月でだいぶ歯が動いてきました。
歯の動きが速いのは歯を支えている骨が少ないことが理由なので、喜んでばかり入られません。
とはいえ、歯並びがきれいになると、患者さんも喜んでくださいます。

posted by 清水 信行 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

骨が薄い部分のインプラント(浜松市 歯周病 インプラント)

以前紹介した骨が薄い部分へのインプラントの続きです。
術前です。 カラーだと一般の方にはインパクトが強いので白黒にしてあります。
浜松市 歯周病 インプラント 浜松市 歯周病 インプラント
このままではインプラントの側面が骨がか露出してしまいます。
そこで骨を作る手術をします。昨年の2月頃の手術です。
術後です。
浜松市 歯周病 インプラント 浜松市 歯周病 インプラント
日付をみたら昨年の6月でした。骨ができたので、硬い歯ぐきを作る手術をしているところです。
口の天井にある硬い肉を歯やインプラントの頰側にずらしてその部分に硬い肉を作るAPFという手術です。


最近疲れがひどくてコンピューターに向かうのが億劫になり、更新が少なくなっていました。
すると、激励のメールや更新を促すメールが数通届きました。
このブログをご覧になって手術の内容を知り恐怖感が少なくなって下さるならば、私もうれしく思います。
日々の雑感も含めて、更新がんばってみようと思います。
posted by 清水 信行 at 22:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

インプラントおつかれさまでした!(浜松市 インプラント 歯周病)

治療おつかれさまでした! 硬い歯ぐきを作ったり、家の都合で通院できなかったりで2年くらいかかってしまいましたね。とはいうものの、半年くらいで噛めるようにはなりましたけどね。 最後までおつかれさまでした。 もし機会がありましたら上の歯も作っていきましょう!


歯周病がひどくて歯がぐらぐら、上の入れ歯がいたくて入れられないという60代女性です。
浜松市 歯周病 インプラント 浜松市 歯周病 インプラント 浜松市 歯周病 インプラント
浜松市 歯周病 インプラント
「入れ歯があわないから、入れ歯を作ってほしい」 という方は毎日のように来院されます。
しかし、入れ歯があわないのは入れ歯のせいだけではありません。
入れ歯とかみ合う歯の歯並びが関係するのです!
また、「天井が覆われるのは気持ち悪いから上だけインプラントをしてください」 という方もよく来院されます。
しかし、うえしたどちらかインプラントをするならば下にインプラントをしてください!
上の歯がすべてそろっていて下が入れ歯の場合、本当に下の入れ歯で苦労します。痛くてはめられないケースがしばしばあります。
下の歯がそろえば、上は入れ歯でもかなり安定します。

完成です。
浜松市 歯周病 インプラント 浜松市 歯周病 インプラント 浜松市 歯周病 インプラント
歯並びが整っているので、上あごが入れ歯でもかなりものが噛めます。

入れ歯と歯並びは、自動車と道路の関係に似ています。
どんなに高級な輸入外車でも舗装されていない道を走ればガタつきます。
しかし、中古の軽自動車でも舗装された道ならば滑らかに走れます。
下あごの歯並びが道路で、上の入れ歯が自動車です。
下あごの歯がきれいに生えそろっていれば、上の入れ歯は安定します。
だからうえしたどちらにインプラントをすれば良いか迷ったら、下に入れてほしいのです。


硬い歯ぐきの比較です。
浜松市 歯周病 インプラント 浜松市 歯周病 インプラント 浜松市 歯周病 インプラント
左から術前 術後 術後の歯ぐきの説明 です。
硬い歯ぐきは歯にもインプラントにも、そのもちに関係ないという話もありますが、やはりあった方がもちが良い様な気がします。あくまで経験則です。

おつかれさまでした! これからもよろしくお願いいたします!
11-0114-04.jpg

posted by 清水 信行 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

歯周病と矯正治療(浜松市 歯周病 インプラント)

歯周病になると歯を支える骨が少なくなります。
骨は歯を支えることができなくなるため、歯は倒れて歯ならびが悪くなります。
歯ならびが悪くなると、歯の長軸とは違う方向に力を受けることになるため、歯への負担がより大きくなります。
このようにして歯を失うスピードが加速度的に増していきます。


歯ならびが良くて歯周病だけならば、歯周病の治療をすれば良いです。
歯ならびが悪くて歯周病がないならば、矯正治療をすれば良いです。
しかし、歯ならびが悪くて歯周病があるとなると、非常に難しくなります。
歯ならびの治療を後回しにすれば力で歯が抜けてしまうし、歯周病治療を後回しにすれば歯周病で歯が失われます。
歯周病治療もして矯正治療もするから治療期間は非常に長くなります。

40代男性です。初診から約4年でようやくここまで来ました。
浜松市 歯周病 インプラント 虫歯
浜松市 歯周病 インプラント 虫歯
約1年かけて歯ぐきを引き締め、歯ぐきの下の歯石を取り、硬い歯ぐきを作りました。(すべて保険治療)歯ぐきが引き締まり歯が長くなっていること、歯ぐきの色が変わっていることがおわかり頂けるでしょうか。
その後、当時矯正の先生が当院にいなかったため矯正歯科を紹介しました。
もう一息です。頑張って下さい!

posted by 清水 信行 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

奥歯にはインプラント(浜松市 インプラント 歯周病)

30代の患者さんです。歯に膿袋ができ、大学病院に入院して抜歯と膿胞摘出したとのことです。
歯の形に骨がありません。しかし、穴の周りには骨の壁があったため、骨自体は作りやすい形でした。
松市 インプラント 歯周病 虫歯
インプラントを骨に入れることができたは良いですが、硬い歯ぐきがほとんどありません。
松市 インプラント 歯周病 虫歯
埋めたインプラントを露出させるとともに、インプラント周囲に硬い歯ぐきを作りました。硬い歯ぐきがあると歯もインプラントも外部からの刺激に強くなります。
松市 インプラント 歯周病 虫歯
インプラントを植えることはできましたが、骨はまだ柔らかいままです。
仮歯でしばらく噛ませて、骨が安定するのを待ちました。適度な力をかえると骨は丈夫になってきます。
そのような理由で最終的なかぶせ物が入るのに1年近くかかりました。仮歯で噛めるようになったのは手術後5ヶ月くらいです。骨があれば3〜4ヶ月で最終的なかぶせ物は入ります。
松市 インプラント 歯周病 虫歯 松市 インプラント 歯周病 虫歯
長い期間、おつかれさまでした! 大切に末永くご使用下さい!
posted by 清水 信行 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

インプラント問題症例から学ぶ

本日日曜日、東京の講習会へ出席しました。講師の先生は某大学のインプラント科の教授です。
インプラントは外科処置のため、その時は「上手くいった、成功だ」と思っても、日を追って悪くなることがあります。
そのような場合、患者さんは大学病院や総合病院へ来院されます。

「名前を聞けば歯科医なら誰もが知る名医」ですらインプラントが上手くいかないこともあるという現実を、改めて知りました。
歯科医師は大学を出ただけでは虫歯1本の治療もできないため、多くの人が土・日に講習会へと出かけ、技術と知識の研鑽に努めます。しかし、そこで目にする症例は成功症例ばかりです。わざわざ問題が出たケースを提示する先生はあまりいません。

講師の先生は、このようにおっしゃってました。
「自信のある先生は良いけど自信過剰な先生は危ない。(一般人向けの)インプラントの本を出している先生はいかがなものか」
うなずけるものがあります。
しかし、過剰な自信は強い光のように見えるので、判断が難しいです。
患者さんからすると「このようなデメリットがある、こうなってしまうこともある」と悪いケースを話す医者は、弱く見えることがあります。普通の人は里美先生より財前先生に惹かれます。


このようなこともおっしゃって下さいました。
「上手く行かなかったときは 1まず謝る 2現状を報告する 3一刻も早く上位医療機関に依頼状と共に紹介する」
当たり前のことかもしれませんが、自信や希望があるときほど、これが難しい。
大変勉強になりました。


それにしてもこの講習会、出席者の半数以上が海外でも定期的に勉強しているのには恐れ入りました。
posted by 清水 信行 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

垂直的骨欠損(深い歯周ポケット)の原因のひとつ(浜松市 歯周病)

久しぶりの更新です。最近PCに向かうと目がひどく疲れてしまいます。
40才を目前として気力は充実しても目にきたのでしょうか。

前歯の歯ぐきががよく腫れるということで来院された方です。
レントゲンです。
浜松市 インプラント 歯周病 浜松市 インプラント 歯周病

部分的に深く骨が無くなっています。垂直的骨欠損と言います。
歯ぐきの検査を受けたことがある方は、2とか3とかと言いながら歯科スタッフが記録をつけているのを聞いたことがあると思います。
これは歯周ポケットの測定をしているのです。歯周ポケットとは歯と歯ぐきの境目の溝のことです。健康な方で約2ミリです。
骨が無くなっていたり歯ぐきが腫れていたりすると、この数値は大きくなります。

今回のよく腫れる部位の歯周ポケットの深さは6〜10でした。
治療として再生療法を説明しましたが、どうしても治せない場合の説明もしました。
それは 「歯の破折」 です。 歯が割れていた場合は再生療法はうまくいきません。それどころか抜歯せざるを得ません。

歯ぐきを開いて、歯周ポケットがある部位を直視しました。
浜松市 インプラント 歯周病 浜松市 インプラント 歯周病

残念ながらどちらの歯も割れていました。
今後どうするか、相談の予定です。
posted by 清水 信行 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

骨が薄い部分のインプラント(浜松市 インプラント 歯周病)

全顎的に歯周病が進んでいる方です。
歯周病だけで歯ならびがきれいな方は治療がしやすいです。
また、歯ならびが悪くても歯周病がなければ比較的治療はしやすいです。
しかし、歯周病が進んでいて、なおかつ歯ならびがあまり良くない方は、治療が非常に難しいです。

CT画像を分析したものです。
10-0221-01

紫色の面で切断した断面図です。
10-0221-02
抜歯した後インプラントを入れようとしても、インプラントが露出するのがおわかり頂けるでしょうか。

実際にインプラントを埋入した所です。
モノクロ画像にしています。
10-0221-03 10-0221-04

インプラントが露出している部分に骨を作っていきます。
10-0221-05

約半年間、骨ができるのを待ちます。
今まで骨がなかった所に骨を作るため、それを覆うための歯ぐきの量が不足します。
不足した分を補うために、頬から粘膜を引っ張ってきます。
この引っ張ってくる量が多いほど、残念ながら腫れがでやすいです。

この方の場合は、幸いにもほとんど腫れがでませんでした。

骨がない方へのインプラントは、患者さんも歯科医師も大変ですが、良い治療結果・健康的な未来のために頑張っていきましょう!
posted by 清水 信行 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

インプラントと小さな矯正(浜松市 インプラント 矯正)

歯の欠損と、歯のすき間が気になるとのことでした。
10-0203-01.jpg
欠損部分はインプラントに決定しました。欠損部の前後の歯は虫歯ではないきれいな歯であり、削ってブリッジ(ブリッジ説明)にするとその歯にダメージを与え、虫歯になりやすくなるからです。
すき間は歯を移動させることで埋めることになりました。
10−0203−03 10−0203−04

インプラントをして、その周りに硬い歯ぐきを作り、矯正をし、また、途中患者さんに来れない時期があったため、たったこれだけの小さな治療ですが1年近くかかってしまいました。
骨を作ることになっていたらもっと時間がかかったかもしれません。
それでも良い結果に満足していただけました。
10-0203-02.jpg
歯を削ってブリッジ(ブリッジ説明)にする方が、ずっと早く治療が終わります。
しかし、歯を削るということは、その歯の未来も削るということになりかねません。
「早い歯医者が良い歯医者」 と考えずに、時間がかかる理由もご理解頂ければ幸いです。

posted by 清水 信行 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

歯周病治療:歯ぐきが引き締まると歯が元の位置に動く

歯周病の治療をすると歯が長くなります。
これは歯周病治療の宿命みたいなもので、治療ミスではありません。
しかし、「膿や痛みは無くなったのは良いけれども、歯が長くなったのは納得いかない!」というトラブルは残念ながらよく聞きます。
「歯ぐきが引き締まった分、歯は長くなる」ということを、患者さんはぜひご理解下さい。

「歯が動く、血が出る、膿が出る」を主訴として来院されました。
浜松市 インプラント 歯周病 矯正
一見、状態が良いように見えますが、歯を支える骨は本来の半分くらいに少なくなっています。
「歯ぐきを引き締めれば、膿が出なくなり、動きも少なくなります。ただし、歯は長くなります。」と説明し同意を受け、歯石除去の後APF(歯肉弁根尖側移動術)を行いました。保険治療です。
術後3週間です。
浜松市 インプラント 歯周病 矯正
残念ながら歯が長くなりました。しかし、化膿した歯ぐきをなくし、それでいて硬い歯ぐきを温存しています。
3週間ごと3ヶ月後との比較です。
浜松市 インプラント 歯周病 矯正 浜松市 インプラント 歯周病 矯正
前歯のすき間が無くなってきたのがおわかり頂けるでしょうか。
確かに歯は長くなっています。しかし、それだけ歯ぐきは硬く引き締まっています。
すると、歯は本来の位置に戻る場合があります。

審美と歯の連結固定を考えるならばかぶせ物でつなげるべきです。
しかし、歯を削ると虫歯になりやすいからこのままでいくか、患者さんは悩みます。
本来のオプションに入っていた矯正治療も、悩んでいます。
医者の立場からいえば矯正も連結固定もしたい所ですが、状態が良くなればなったで悩みが増えます。
posted by 清水 信行 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

歯周病・歯槽膿漏:腫れた歯ぐきを引き締める(浜松市 歯周病 インプラント 矯正)

歯ぐきからの出血と排膿(膿が出ること)を主訴として来院されました。
歯と歯の間の歯ぐきが丸く膨らんでいます。歯ぐきは少し黒ずんでいます。
09-1212-01.jpg
p.gingivalis(Pg菌)と言う歯周病菌を代表する菌が多いと歯ぐきが黒ずみます。
また、喫煙者は歯ぐきが黒く硬くなります。
「歯ぐきが硬くなるなら良いことじゃない?」と思うかもしれません。
確かに硬くなって歯ぐきが下がらないことが多いです。
ところが、歯ぐきのしたで歯を支える骨は無くなっていることは珍しいことではないのです。

症状が現れずに悪化するという、非常に良くない状態になるのです。

幸い、歯ぐきは腫れていましたが、骨の吸収はそれほどではありませんでした。
角化歯肉を残して歯ぐきを引き締めるためにAPF(歯肉弁根尖側移動術)という治療をしました。術後1ヶ月の写真です。
10-0109-01.jpg
歯ぐきが安定するのに約4ヶ月かかります。まだ1ヶ月ですが、かなり歯ぐきが引き締まって、歯と歯の間の歯肉の形がシュッと尖った形になりつつあるのが、おわかり頂けるでしょうか。
術前・術後で並べます。
09-1212-02.jpg 1757_2010.01.09_L022.jpg
外科処置は嫌なものですが、より良い結果を得るためには乗り越えなければならない時があります。がんばっていきましょう!
posted by 清水 信行 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

新年第1週の診療

1月5日から診療を開始しました。
昨年の診療はインプラントの2次手術とインプラントの埋入で締めくくりましたが、新年もインプラント2次手術と埋入、そして矯正診療で幕開きました。

昨年、ほほ側に骨を作って(GBR)、インプラントを入れた方です。
インプラントの周りに硬い歯ぐきを作る、インプラント2次手術を行いました。
10-0105-01.jpg
骨を作るとその分だけ体積が増えます。
すると今まで骨を覆っていた歯ぐきを引きのばして骨の上にかぶせることになりますので、硬い歯ぐきが無くなってしまいます。
硬い歯ぐきがあると歯やインプラントは歯周病になりにくくなるので、あるにこしたことはありません。
APFという体への侵襲の少ない方法もあるのですが、一部歯ぐきがなくなっていたためそれができず、写真の様に移植(FGG)となりました。

10-0106-01.jpg
インプラントの埋入は簡単でした。久しぶりに、ほとんど骨を作らずに埋入可能でした。
インプラント埋入30分くらいですが、むしろ傷口の縫い合わせに時間がかかります。
緑の線で囲まれた部位が下顎管とよばれる管です。この中に下歯槽神経が走っています。ここを触ると神経麻痺がでるので、たとえインプラントがくっつかなくても、ここを触るわけにはいきません。

インプラントは入れ歯を回避するばかりではなく、残っている歯の寿命も延ばす、すばらしい治療です。
極論かもしれませんが、歯を削ってかぶせ物を入れるブリッジ治療は、歯の未来も削っているともいえると思います。削ると歯の寿命が短くなるからです。
1本だけ歯をなくした青年・中年層こそ、インプラント治療をおすすめします!


posted by 清水 信行 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。