入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2016年07月15日

スタッフミーティング

本日は月例スタッフミーティングでした。私と5人のスタッフ(A,B,C,D,E)との会話です。

A. 最近アポイントが混んでいて、先生のイラつきがひどいです。
私. すまん
B. 私が以前勤めていた医院の院長は、「落ち着け」と書いた紙を机に貼っていました。
私. 実は僕も、言葉を書いて机の引き出しに入れてあるんだ。
C. どんな言葉です?


必死に生きてこそ その生涯は光を放つ
織田信長



A.B.C.D.E. やめてください! 必死はやめてください!余裕と休養をとって下さい!
posted by 清水 信行 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

はたらく細胞

「血球の働きが擬人化されていてわかりやすい、面白い」とスタッフに勧められて読みました。
「漫画なんて」と思っていたのですが、想像以上に面白いです。
はたらく細胞(1) (シリウスKC) -
はたらく細胞(1) (シリウスKC) -

はたらく細胞(2) (シリウスKC) -
はたらく細胞(2) (シリウスKC) -


好中球.jpg キラーT細胞.jpg
白血球(好中球)を主役として赤血球 キラーT細胞 血小板 マクロファージ マスト細胞 樹状細胞 etcが登場し、インフルエンザやスギ花粉症、熱中症、がん細胞について語られていきます。
白血球になる前の骨髄球が
「白血球は自分の命を犠牲にしてもほかの細胞を守るんだ。俺は立派な白血球になるんだ!!」
というシーンは何か込み上げるものがありました。

各細胞の働きは擬人化されたキャラクターに絡めて解説されているので、知識のある人はその表現に感心し、初めて触れる人は楽しみながら学べると思います。

難しい話をいかに簡単にして知らない人に説明するか、その方法を知るためにも役に立つと思います。
posted by 清水 信行 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

平成27年大掃除

本日は午前中診療を行い、午後は大掃除です。
本年みんなとのお別れの前に、記念行事 「肩ロースのおみや 贈呈の儀」 です。
IMG_8369の水彩画.jpg
これをすると、本当に一年が終わったという気持ちになります。
今年はこの後、日ごろお世話になっている先生から急遽頼まれた患者さんの訪問診療に参ります。

来年もどうか宜しくお願い致します。
posted by 清水 信行 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

平成27年忘年会

1451311265949のコピー.jpgIMG_8323のコピー.jpgIMG_8317の水彩画.jpg
本日は忘年会でした。
いつも頑張っているスタッフの為に、一年に1回、この日だけは結構いいところでご馳走しています。
ここ6年くらいは特定のお寿司屋さんです。

悪いこともありましたが、それ以上に良いことの多い1年でした。
海外の学会にも行けたし、新しい技術や診療体系を取り入れることもできました。
新しいスタッフも入りました。
歯科雑誌への投稿も行いました。
市や県の歯科医師会の中で在宅介護に関する部門の仕事にも付きました。
卒業以来の自分自身の夢 「咬み合わせで体も健康にする」 も夢の扉を敲くくらいにはなったと思います。
出産の為に6年務めたスタッフが退職したことは、当医院にとっては大変ですが、人としては大変めでたい事です。
本日はそのスタッフの送別会も兼ねていました。

身の回りの人への感謝を忘れず、技術研鑽に励み、来年も良い年であることを望みます。


posted by 清水 信行 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

スタディーグループでの発表

15-1226PGI発表.jpg
所属するスタディグループで症例発表しました。内容は顎関節を考えた矯正治療についてです。
ポキポキ顎がなる顎関節症を、歯並びを変えることを通じて顎の位置も変え、治療するという内容です。
毎日遅くまでプレゼンを作っていたので、疲れました。
posted by 清水 信行 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

東区ケアマネ連絡協議会研修会での講演

IMG_1155.jpg
2月5日(木)、東区ケアマネ連絡協議会研修会での講演を産業展示館にて行いました。
写真は平安時代の絵巻物 病草子 における口臭の女の絵です。
風呂にはめったに入らず、髪の毛も一年に一・二回吉日を選んで洗うような平安時代でも、口臭は嫌われていました。
一時間話をするのはスライドの準備が大変です。
何時間もの講演をされている先生方の努力はやはりすごいものがあります。
posted by 清水 信行 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

歯科医師会での発表

CIMG0721.jpgCIMG0715.jpg
1月29日(木)歯科医師会の例会で介護保険についてのワンポイントの説明をしました。
私は40代の半ばですが、それでも歯科医師会では若輩者です。
自分の仕事とはいえ、非常に緊張しました。
posted by 清水 信行 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

忘年会

忘年会1.jpg 忘年会2.jpg
本日は忘年会でした。
いつも頑張っているスタッフの為に、一年に1回、この日だけは結構いいところでご馳走しています。
ここ5年くらいは特定のお寿司屋さんです。

今年当医院は開業10年を迎えました。
一度子育ての為に退職したスタッフが、パートで戻ってきてくれました。
そのおかげで、今年は業務の拡大ができました。
海にも山にも行き、インプラント学会で認定医の免状もいただきました。
摂食嚥下の勉強を通して、20年ぶりに出世した同級生に会うこともできました。
咬合・顎関節症の設備に関して、ついに念願の物を揃えることができました。
開業以来一番良い年だったのではないかと思います。

振り返ると自分一人の努力ではなく、周囲からの直接・間接的な助けがあることに気づかされます。
そのような一年でした。
posted by 清水 信行 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

ある天才の在りし日を偲ぶ会

IMG_1028.jpg IMG_1001.jpg
欧米人にその業績と名声を奪われた日本人は何人も存在します。この天才もそのような人の一人でした。
歯科矯正治療期間を短縮する コルチコトミー という治療法があります。
数年前から話題となり、アメリカ人が自分の名前を治療法につけ、日本でも講演したことがあります。
このアメリカ人にこの天才の症例と過去の講演発表を見せた所、 Same(同じだ) と認めてもいます。
この天才は現在話題となる治療法を20年以上前に開発し発表していました。

また現在、画像診断機器を用いて顎の関節(下顎頭)の位置をしらべ、正しいと思われる位置を診断し、顎関節症の治療・咬合治療に役立てようとする治療法も話題となっております。
この天才は、この治療法も20年以上前に開発し、発表していました。

しかし、時代が彼に追いついておらず、少数の理解者しか得られないまま、先日ご逝去されました。

その天才の名は 寿谷一(すや はじめ)。
1983 年、アメリカでもっとも歴史と権威のあるThe American Academy of Restorative Dentistry の正会員に東洋人初・史上最年少でなった方です。

11月2日に寿谷先生を偲ぶ会が開かれました。
約40名の出席者ではありましたが、その中には矯正や歯周病では名の知れた、各地で講演やセミナーを開催されている先生方が多数出席されていました。
この寿谷先生から直接指導を受けた先生方の顔ぶれを見れば、寿谷先生の業績と影響がうかがえます。

私は寿谷先生から直接指導を受けたことはありません。孫弟子です。
私自身は幸運なことに、今は製造されていない先生の開発された 顎関節X線規格撮影装置サジタリウス を手に入れ、咬合治療・顎関節治療に生かすことができました。良好な治療成績を収めていると思います。

時代を早く行き過ぎた天才の、早すぎるご逝去を心より悼みます。
IMG_0998.jpg IMG_1010.jpg
posted by 清水 信行 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月15日

キリコ展(浜松市美術館)

デ・キリコは形而上絵画派を興し、後のシュルレアリスムに大きな影響を与えた画家です。
そのような高名な画家の展覧会が浜松で開かれることはめったにないので、休みを利用して行ってきました。
展覧場所の浜松市美術館は医院から徒歩10分未満です。

キリコのもっとも有名と思われる絵 街の神秘と憂愁 はありませんでしたが、無機質なマネキンやゆがんだ太陽等の絵は展示されていました。

キリコの絵は既視感を持つと同時に不安感を起こさせると言われています。
20代の頃はこういう絵が好きでしたが、40代の今はごく普通のきれいな絵が好きです。
考えが保守的になったのでしょう。

それにしても、完成した絵よりもデッサン画が非常に正確です。
芸能人やアニメ等で キャラがたつ と言う言葉があります。
画家も このような雰囲気の絵は○○に違いない という個性を発揮しないと、売れないのでしょうか。
posted by 清水 信行 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

包括ケアセンターでの講演

浜松市歯科医師会の業務の一環として、包括ケアセンター三和の講演依頼を受け、講演をいたしました。
そのため本日診療は臨時休診でした。
2014.07.03 (1)-2.jpg 2014.07.03 (1)-1.jpg
口腔ケア(器質的・機能的口腔ケア)、姿勢、誤嚥、インプラントと義歯の違い などについて講演しました。
今までに看護士やケアマネの方から受けた質問をもとに、プレゼンを作りました。
興味を持っていただけたか、アンケート結果に期待と不安の入り混じった気持ちを持っています。
それにしても、いつもながら私の写真は笑顔が少ないです。
posted by 清水 信行 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

海へ!

私は徹底的なインドア派です。
とは言え、スタディーグループの仲間がいれば、やはりアウトドアも楽しいです。
ジェットスキーの進水式に出席しました。
普通、ジェットスキーのような小さな乗り物で進水式は恥ずかしくてやりません。
それをやってもらえるこのジェットスキーは世界一幸せなジェットスキーです。
10172608_629400550484928_6075098263049003789_n.jpg 10322830_629400430484940_5545428295731716393_n.jpg
お約束通り、運転失敗、海に転落しました。
posted by 清水 信行 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

吉備津神社

その他_2013.11.04_L361.jpg その他_2013.11.04_L359.jpg
昨日から矯正の学会で岡山に来ています。
本日は休みなので岡山の観光をしています。
私は神社めぐりが好きです。大きな神社の由来には必ず歴史上のなんらかの事実があり、書物に残っていない出来事に思いをはせることが好きだからです。

吉備津神社は桃太郎伝説のもとになった吉備津彦命と、鬼の温羅(うら)の首が祀られています。
雨月物語の「吉備津の窯」のもとになった鳴釜神事があり、竈の下八尺の所に温羅(うら)の首が埋められているといいます。鳴釜神事の窯の音を実際に聞きましたが、吹奏楽のチューバの様なかなり大きな音でした。
この付近には温羅(うら)の血でできた赤い川もあったとのことですが、出雲の八岐大蛇伝説と同じで、製鉄にかかわる何かがあったのでしょう。
鬼が島のもととなった「鬼の城」というものも近くにあるのですが、時間の関係でいけませんでした。
白村江の戦いに負けた日本政府が、防衛のために作らせた山城という説があります。
また、長い回廊も有名です。写真は昨日学会で一緒になった大学の同級生です。
posted by 清水 信行 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

朋遠方より来たる有り

10年以上、保険外の義歯に関してお世話になっている歯科技工士のH氏が浜松にいらっしゃいました。
10数年お会いしていなかった、スタディーグループの先輩のT氏も一緒です。
スズキ・カプチーノのユーザーミーティング出席の為です。
2013.10.13 (1)-1.jpg
同一車種が浜名湖ガーデンパークの広場を埋め尽くす光景は圧巻です。
こんな小さな車でもこれだけ集まると圧倒されます。

うなぎを食べ、楽器博物館を見学し、中田島砂丘の大きさと浜松城の小ささに感動して頂けました。
10年ぶりにお会いすると、話す事は色々とあります。
まさに 朋遠方より来たる有り、亦楽しからずや です。
お土産は餃子です。
posted by 清水 信行 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

ナマケモノは勝ち組だった(浜松市 歯科)

講習会の後の懇親会にて
A先生「B先生の所は従業員がたくさんいて分院もあって、大きく展開していていいですね。」
B先生「いや、立ち止まったら死んでしまう、サメかマグロの様な状態ですよ。」
C先生(女性)「私は電話番が1人いて、あとは全部自分でやってる。患者さんが多いと経費がかかって逆に経営が苦しくなる。借り入れも無いし、主人は会社に勤めているので2ヶ月レセプト出していないけれど大丈夫」
A,Bその他の先生「なんか、うらやましい。」

この話を聞いていて、ナマケモノの事を思い出しました。
いまから1万年くらい前、体長8mのオオナマケモノ:メガテリウムという生物が南米にいました。
草食ではありますが、成獣は補食されません。食物連鎖の頂点です。
しかし、滅びました。
生き残ったのは現在の小さなナマケモノです。
ナマケモノはじっと動かず、食物摂取量と消費カロリーを極限まで落として生き残りました。
実は同種族における勝ち組でした。


食物摂取量(患者さんの人数)と消費カロリー(固定費、変動費)を極限まで落として、しかも副収入(ご主人)まであるC先生は、ナマケモノの様に勝ち組かもしれません。

とはいうものの、それでも私はメガテリウムやサメ・マグロになりたいです。
posted by 清水 信行 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

ユニット増設(浜松市 歯科)

ついにユニットを増設しました。
開業した時は 3年後に増設する と目標を立てていましたが、9年弱かかりました。
感慨深いものがあります。
増設前
2013.07.04 (1)-1.jpg
増設後
2013.07.15 (1)-1.jpg
開いている部屋に旧ユニットを移動させ、今まで旧ユニットがあったところに新ユニットを設置しました。
新ユニット
2013.07.15 (1)-12.jpg
円高のレートで購入したので、ドイツ製のユニット(シロナ)が日本製とほぼ同じ値段で購入できました。
税金が高くなる前に決断してよかったと思います。
ドイツ人をはじめとする欧米人の歯は日本人のそれよりも非常に硬いです。そのような欧米人の歯を治療するのに適したこのユニットの切削能力は非常に強いです。切削能力が強いという事はそれだけ患者さんに不快な振動を与えずに済むという事です。
つらい治療を少しでも楽にできるよう、考えていこうと思います。
posted by 清水 信行 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

訪問診療と南区介護支援専門医連絡協議会

2013.07.11 (1)-1.jpg
午前中は浜松市医療センターの入院患者さんの所へ訪問診療です。
最終的には入れ歯を入れなければならないのですが、その前処理が必要です。
部分入れ歯が合わないのは部分入れ歯が悪いわけではありません。
残っている歯の状態および歯並びが原因です。
よって残っている歯を入れ歯に合わせた形に改変しなければなりません。

入れ歯を作るだけなら単なる作業ですが、目的は入れ歯を作る事ではありません
食事ができる様にする事が目的です。
写真の設備は台車を使わなければ、男の私でもとてもではありませんが持ち運びできません。
業者のパンフレットでは細身の女性が片手で軽々と運んでいるのですが・・・・ もうやだ〜(悲しい顔)
訪問診療をしていましたら、介護士の方から訪問診療があるとは知らなかったと伺いました。
訪問診療に関して浜松市の歯科医師会はずいぶん力を入れ宣伝しているつもりなのですが、なかなか知られていない様です。その係についているものとして残念です。

午後は南区介護支援専門医連絡協議会です。
ケアマネージャーと歯科医が互いの業務の事を知り、在宅支援における歯科治療の要求にこたえようとするものです。
私自身は中区ですが、仕事の都合で南区にも参加してきました。
当たり前と思っている事が、相手は意外と知らないという事をあらためて知りました。
posted by 清水 信行 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

ユニット増設工事

2013.07.04 (1)-1.jpg
ユニット増設が決定しました。今日はその下準備です。
ユニットとは歯科治療をするイスの事です。
ユニット増設は会社で言う所の設備投資・事業拡大です。
14、15日の連休に本格的な工事を行います。
開業してから9年目にしてのユニット増設、楽しみです。

木曜は休診日ですが、ユニット増設工事立ち会い、浜松医療センターへの訪問診療、市役所への手続き等、平日以上の忙しさです。
posted by 清水 信行 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

歯と口の健康フェスタ

昨年迄は「歯の健康フェスタ」でしたが、今年からは 「歯と口の健康フェスタ」と名称がかわりました。
歯だけではなく嚥下や栄養など、歯科関係者は健康に関係する口腔周囲の事全てに関わるからです。
虫歯のバイキンマンを最近は演じなくて良いのが助かります。4年くらいやっていました。大学時代の部活(拳法部)の経験が生かせた稀なケースです。でも、黒タイツはもう履きたくありません。
IMG_0337.JPG IMG_0336.JPG
(プライバシーの問題もあるので、人は写っていません。開会前に撮影しました。)
私は在宅介護や高齢者に関係する委員会に所属しているので、本日もその関係のお仕事です。
80才で20本以上歯が残っている方の診査と表彰です。
歯が残っているから健康なのか、健康な人だからこの場に来れたのか、その判断は難しいです。
しかし、来場された80才以上で20本以上歯が残っている方達は見た目が若いです。60才といえば信じてしまう様な若さです。
在宅介護の現場と高齢者には栄養学の知識が必要である為、栄養士の方にも参加して頂きました。


posted by 清水 信行 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

院内勉強会

院内勉強会です。
入ったばかりの衛生士さん、歯科助手さんと歯の形態学に関する勉強です。

院内勉強会 院内勉強会

写真の歯の絵は左上の6番です。
マメロンの数、溝の方向と対合歯の咬頭の運動方向の関係 を勉強しています。
絵を描くと、形をとらえる能力・センスの優劣がはっきり出ます。
しかし、知識によってセンスのある人と同じ仕事をできる様にするのが学問です。
みんな、大変だけど頑張ってね。
posted by 清水 信行 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。