入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2005年11月24日

インプラントの予定だったのですが・・・分析編(浜松市 インプラント 入れ歯)

歯の模型を作り、かみ合わせを分析する咬合器に装着しました。

051123 (4).jpg 051123 (5).jpg 051123 (6).jpg

入れ歯やインプラントの入る、十分に大きなスペースがあります。
にもかかわらず、入れ歯が痛くて、ガタつくのは何故でしょうか。
さらに分析します。

051123 (7).jpg 051123 (8).jpg

赤い線が理想的な歯の長さです。
赤い線よりも長い歯に咬みこむ下の歯は無くなっていきます。
あまりにも杵(きね)の打ちつける力が強くて、臼が壊されたと言うような状況を想像なさってください。

金属の台と平行になるほど、かむ力がバランスよく全体に分散させることができます。
また、左右にあごをギチギチすり合わせた時も、入れ歯はがたつきません。

道路と自動車を想像してください。
どんな高級車でも舗装されていない道路を走ればガタガタします。
舗装された道路ならば中古の軽自動車でもスイスイ走れます。
入れ歯も同じです。
どんなすばらしい入れ歯でも、かみ合っている歯がデコボコしていたらガタついてしまうのです。

「自前の歯ですら、あごの力で壊されてしまいます。入れ歯はがたついてしまいます。インプラントは骨ごと壊されてしまいます。
『入れ歯ががたつくからインプラント』と言うのではなく、まず、インプラントに咬みこむ上の歯に舗装工事をかけましょう。」
と説明いたしました。



オペラデンタルオフィス 日本補綴歯科学会認定医

静岡県浜松市にある日本補綴歯科学会認定医(入れ歯・差し歯の認定医)の歯科医院。
入れ歯、特に部分入れ歯を専門に勉強してきました。
現在ではインプラントと歯周病に力を入れております。
しかし、インプラントは外科治療であるため、糖尿病・高血圧・高齢・その他全身疾患を持つ患者様は避けた方がよい場合があるのも事実です。
入れ歯、歯周病、インプラント、ホワイトニングに関するご相談のある方はご連絡下さい
posted by 清水 信行 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 入れ歯・かみ合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック