入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2005年11月03日

薬で良くする歯周病治療

従来の治療は細菌の塊(プラーク)と歯石を除去することによって、改善していくというものでした。基本的な考え方はこれからも変わらないと思います。
しかし、飲み薬と塗り薬である程度改善するとしたら、歯医者も患者様も楽ではないでしょうか。

初診時です。歯茎が腫れています。
before3.jpgbefore1.jpgbefore2.jpg

この歯ぐきの腫れが本当に歯周病に関係する菌によるものなのか、顕微鏡で歯垢(プラーク)を観察します。
t-denticola.jpg
このイトミミズ様の菌はT-denticolaといって、歯周病にはほとんど必ずといっていいほど出現する菌の1種です。
まずは薬で除菌いたしました。

1週間後です。
after3.jpgafter1.jpgafter2.jpg

腫れがだいぶ減りました。
ここから治療をはじめようと思います。

歯周病は残念ながら治ると言う事はありません
糖尿病と同じく進行を緩やかにするだけで、完治ということはありません。
しかも基本的に失われたあごの骨は元に戻りません。ごくわずかな範囲の骨が再生されるのみです。
「歯をみがくと血がにじむ」といった初期の状態で治療を受け、生活を改善していくことが一番大切だと思います。
posted by 清水 信行 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック