入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2008年03月06日

インプラント完成から4ヵ月後の定期健診(浜松市 インプラント 歯周病)

60代男性。一昨年、左下奥歯にインプラントを入れたところ、非常に咬めるようになったため、右上の歯もインプラントを入れることになりました。
最終的なかぶせ物が入って4ヶ月がたち、今日は定期健診でした。

術前写真(インプラントは埋入済)です。鏡に映しているため、左右逆になっています。
07-0629-01.jpg

術後です。矢印がインプラントです。
08-0306-02.jpg

無い歯の両隣は虫歯の無いきれいな歯でしたので、削ってかぶせ物でつなげるブリッジにするに忍びありませんでした。
インプラントなら歯に全くダメージを与えずに、新しい歯があたかも生えてきたかのように作ることができます。
とはいえ、インプラントを支える骨がその場所に無いと、患者様も歯科医も一苦労します。

インプラントが歯周病に負けないようにするために、インプラントの周りに硬い歯ぐき(角化歯肉)を作っています。(作り方はこちら


一昨年完成したインプラントです。
08-0306-01.jpg

この歯は「第一大臼歯」とか「6才臼歯」と呼ばれる歯で、6歳ごろ永久歯として一番初めに生えてくる歯です。

この歯1本なくなるだけで咬む力が4割減となります。
永久歯として一番初めに生えてくるため、虫歯になる確率が非常に高く、この歯がない方は大勢いらっしゃいます。
そういう方にこそインプラントをお勧めします。

患者様の感想です。

『 大きな手術と思い悩んでいましたが、意外と簡単であった事と術後のアドバイスも親切にしていただき、今は快てきにすごしています。ありがとうございました。 』
08-0306-03.jpg

決して安くは無い治療費なのに、今日はお菓子まで頂き、本当にありがとうございます。
そのインプラントが永続的に使えるよう、努力いたします。



オペラデンタルオフィス 日本補綴歯科学会認定医

静岡県浜松市にある日本補綴歯科学会認定医(入れ歯・差し歯の認定医)の歯科医院。
入れ歯、特に部分入れ歯を専門に勉強してきました。
現在ではインプラントと歯周病に力を入れております。
しかし、インプラントは外科治療であるため、糖尿病・高血圧・高齢・その他全身疾患を持つ患者様は避けた方がよい場合があるのも事実です。
入れ歯、歯周病、インプラント、ホワイトニングに関するご相談のある方はご連絡下さい
衛生士さんを募集しています!
ぜひご連絡下さい!




posted by 清水 信行 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 患者様の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。