入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2016年03月06日

根管治療の勉強

DSC_0070.JPG DSC_0072.JPG DSC_0071.JPG
本日は東京の表参道で根管治療の講習です。学生時代ほとんど行ったことのない、おしゃれな街です。
講師は日本大学歯学部歯内療法学講座・元診療教授のA先生です。
世界の最先端の根管治療をするためには、設備投資だけで1500万くらいはかかります。
私自身は、「咬み合わせや顎の関節を考えた入れ歯と矯正」に関しての設備投資に費用をかけたので、そこまで費用はかけられません。
仮に設備を導入しても、最先端の治療を保険診療でするというのは、絶対に不可能です。
日本の保険診療ではひとり3000円程度なので、返済すらとてもできません。

今回の講習会は、保険でいかに良い根管治療をするかというのがテーマです。
一見素晴らしく見えるアメリカの最先端の根管治療の欠点、具体的には
根管治療の専門医は全米で3000人程度、なぜ歯根破折が多いのか、なぜ外科的歯内療法が多いのか、など非常に興味深い余談もありました。
こういう話を聞くたびに、資本主義は金持ちと経済的奴隷の社会、共産主義は特権階級と奴隷の社会という気がしてきます。技術や経済にとって良いことが社会にとって必ずしも良いとは言えません。

閑話休題
とにかく特別な設備を導入せずに、明日から最先端とは言えなくとも、より善良な治療ができそうです。
posted by 清水 信行 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習会・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック