入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2016年01月26日

ほとんどまったく削らないブリッジ治療(浜松市 インプラントが無理な方)

歯が1本無いときの治療としては
入れ歯
インプラント
ブリッジ
があります。

1本歯が無いだけで入れ歯を作っても、まず邪魔で使うことはありません。
インプラントは自分の歯のように噛めますが、あごの骨を削ったり、場合よっては骨を新たに作るなど、ある程度の年齢の方にとっては外科的な体への影響(外科的侵襲)が非常に大きいです。
ブリッジは外科的侵襲は少なく期間も短くてすみますが、「歯を削る」という、歯を駄目にする行為が不可避です。

では、歯をほとんど削らずにブリッジができたらいかがでしょう?
削らず、大きな外科処置無く、短期間 と言うほとんど欠点の無い治療となります。
以下治療を提示します。

歯が1本ありません。
2015.11.11 (1)-1.jpg 2015.12.18 (1)-2.jpg

歯に鋳造して作ったバンドを接着します。
2015.12.18 (1)-3.jpg 2015.12.18 (1)-4.jpg

欠損部分の歯をバンドについた突出部に接着します。
2015.12.18 (1)-5.jpg 2015.12.18 (1)-6.jpg

費用は ¥250,000+税 です。
インプラントは痛みが不安で無理、インプラントでは期間が長くなって無理、ブリッジは歯を削るから無理
と言う方は一度ご相談ください。
今の所1本欠損のみ、この治療を行っております。
posted by 清水 信行 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 入れ歯・かみ合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。