入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2016年01月18日

必ず将来奥歯がダメになる歯並び:開咬の歯科矯正治療(浜松市 歯科矯正 歯並び 開咬)

2年程前、「あごがかくかく鳴る、歯並びを治したい」 という事を主訴として来院された患者さんです。
3591_2013.10.23_L034.jpg
初診時から、あごが鳴らなくなる位置の模索に関しては上記症例を御覧ください。

矯正治療を開始する事に鳴りました。
歯並びを治すだけでなく、あごの関節も正しい位置に近づけるという難しい治療です。
開始約1年です。
2014.10.27 (1)-1.jpg 2014.10.27 (1)-2.jpg
かみ合わせを高くする必要があるため、前歯の隙間(開咬)がより強くなっています。

開始約2年後です。
2015.10.29 (1)-1.jpg 2015.10.29 (1)-2.jpg
治療は2年弱で終了しました。
プライバシーの関係で顔写真や姿勢写真は出せませんが、術前はいつでも顔をかしげていたのですが、術後は顔をまっすぐにする事ができるようになりました。
また、姿勢が良くなった為、背が伸びました。
写真をお見せした所、患者さんも驚いていました。

開咬は奥歯しか当たっていないので、必ず奥歯が将来ダメになります。
また、ほぼ100%の確率で、あごの関節の形が変形しています。
矯正治療は2年強〜3年弱で税金込みで100万近くかかる高額治療です。
しかし、将来の不具合、体の健康を考えると、コストパフォーマンスは決して悪くありません。

当医院のクレド
「治療によって体のゆがみを取り、体も健康とする」 です。
歯並びを治すのではなく、顎の位置を整えて体を健康にするという事を評価して頂けると嬉しいです。




posted by 清水 信行 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 矯正治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。