入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2007年04月26日

ホワイトニングを希望される方へ (浜松市 歯のホワイトニング)

ホワイトニングを希望される方が最近非常に増えてきました。
しかし、残念ながらホワイトニングに適さない歯のケースもありました。

今回はホワイトニングに適さない歯と、ホワイトニングの注意点を掲載します。

下の写真はホワイトニングできないと判断したケースの歯です。

07-0426-01.jpg

歯の色が灰色や青色の場合、ホワイトニングの薬剤が効かないのです。
このようなケースは多数見られます。
残念ながら、歯を削って人工物を被せたり貼りつけたりせざるを得ません。


次にホワイトニングの注意点です。

1.上下同時にホワイトニングを始めると、どちらも白くなって比較する歯がないため、どの程度白くなったかがわかりにくい。

2.下の前歯は小さく、神経までの距離が短いので、薬剤によって凍みやすい
凍みることがありますが心配しないで下さい。
1日ホワイトニングを中止すれば凍みはなくなります。
効果が出るのが多少遅れますが、1日おきにホワイトニングをされている方も大勢いらっしゃいます。

3.歯がもろくなることはありません。
どんな方でも歯には細かいヒビのようなものが必ずあります。
ホワイトニングをされる歯への意識の高い方は、ホワイトニングの効果を見ようと、鏡で一生懸命歯を観察される場合があります。
すると、もともと存在する歯のヒビを見つけてしまい、
「ホワイトニングで歯がもろくなったのでは?」と心配してしまいます。
そんなことはありませんのでご安心下さい。

当医院では本人の承諾を得て、写真を出しています。
ホワイトニングをされる方は「出さないでほしい」という方が多いため、なかなか参考例を出せません。

費用は上下で¥60,000です。
ホワイトニング費用:詳しくはこちらをクリックなさって下さい。


オペラデンタルオフィス 日本補綴歯科学会認定医

静岡県浜松市にある日本補綴歯科学会認定医(入れ歯・かぶせ物の認定医)の歯科医院。
入れ歯、特に部分入れ歯とかみ合わせを専門に勉強してきました。
現在ではインプラントと歯周病に力を入れております。
しかし、インプラントは外科治療であるがために、糖尿病・高血圧・高齢・その他全身疾患を持つ方は避けた方がよい場合があるのも事実です。
入れ歯、歯周病、インプラント、ホワイトニングに関するご相談のある方はご連絡下さい。





posted by 清水 信行 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ホワイトニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。