入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2014年01月16日

部分入れ歯:歯が1〜3本しか残っていない人の為に(浜松市 部分入れ歯)

40代男性、2012年4月初診。
歯周病がひどく、上の歯がまとめて抜けてしまったとのことです。
浜松市 咬み合わせ 入れ歯 義歯
浜松市 咬み合わせ 入れ歯 義歯 浜松市 咬み合わせ 入れ歯 義歯

上は1本も歯が残っていません。
下は左の親知らずと犬歯がかろうじて残せる程度です。
しかし、親知らずは極端に傾いている為、入れ歯のばねをかけることができません。

上下インプラントも計画したのですが、費用の問題および骨の厚みの問題があるため、できませんでした。
歯科の治療において上下どちらかに費用をかけるならば、下顎に費用をかけてください。
上は入れ歯でも比較的何とか咬めるようになります。
下はしっかりしたものを作らないと、なかなか痛みが取れません。

下顎は将来的に犬歯や親知らずも無くなり、総入れ歯になる可能性があったため、1本インプラントを入れました。
これで使える歯は、犬歯とインプラントの2本になりました。
残っている歯が1〜3本ならばレジリエンツテレスコープが非常に良いです。
コーヌステレスコープに似ていますが、残っている歯が1〜3本の時にコーヌステレスコープをすると、歯への負担が大きすぎて、歯にダメージを及ぼすことがあります。
レジリエンツテレスコープは歯への力をあまりかけず、歯ぐきに沈み込むことで入れ歯が落ちないようにする義歯です。
インプラントですべての歯を作るよりも、はるかに費用を抑えることができます。それでいて入れ歯ではあっても動かず、結構噛めます。

2013年12月30日装着です。下の入れ歯がレジリエンツテレスコープデンチャーです。
浜松市 咬み合わせ 入れ歯 義歯
浜松市 咬み合わせ 入れ歯 義歯 浜松市 咬み合わせ 入れ歯 義歯

その後の調整は1回だけでした。
大好きな焼肉、とんかつ、問題なく食べることができたとのことです。
入れ歯を外した下の歯茎の写真です。
浜松市 咬み合わせ 入れ歯 義歯
向かって左がインプラントです。向かって右が犬歯です。
たとえ犬歯が無くなっても、このインプラントがしっかりしている限り、今回作ったレジリエンツテレスコープデンチャーは問題なく使えます。
この金属の被せ物に下の写真の金属部分がはまることによって、入れ歯が安定します。
浜松市 咬み合わせ 入れ歯 義歯

下の入れ歯:レジリエンツテレスコープデンチャの費用は 83万(+消費税) でした。
内訳は
インプラント21万
内冠・外冠32万(16万×2本)
チタン床義歯30万
です。
保健の入れ歯と比較したら、非常に高額かもしれません。
しかし、もしインプラント、例えば オールオン4 で行った場合、250万〜300万程度 かかります。
大きな外科処置も必要です。
しかもそのインプラントの内、1本だけがダメになっても、結局全滅になる可能性があります。
そのことを考えると、今回のレジリエンツテレスコープデンチャーはコストパフォーマンス(費用対効果)と安全性が高い治療と言えるのではないでしょうか。



posted by 清水 信行 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 入れ歯・かみ合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。