入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2013年10月26日

歯を残す治療:根管治療の勉強(浜松市 歯の根の治療 膿袋)

所属するスタディーグループの定例勉強会出席の為に、神奈川県に来ています。
今日の講演の演者は根管治療の世界的な権威:T先生です。(ただし、この先生は保険診療はしていません。)
写真は著作権の都合上、掲載しません。
「根幹治療」と間違えて検索される方もいらっしゃると思いますが、正しくは 「根管治療」 です。

最新の根管治療の術式、器具、考え方を説明して頂きました。
歯科用顕微鏡とCT(computed tomography)が必須の為、当医院ではそのシステムの完全導入は難しいです。
とは言え、術式等は参考になりますし、既に導入している物もあります。
再植 移植の話も出ましたが、これなどは当医院もずいぶんやっていると思います。

インプラントは欠損補綴として素晴らしい物ですが、いかんせん外科手術であり、骨を作るとなると顔の腫れや出血を覚悟しなければなりません。
インプラントを辞めるつもりは全くありません。既に歯が無くなっている所への治療としては最高の治療の一つと思います。
しかし、極力歯を残す事・咬合治療によって1本1本の歯への力の負担を減らす事を考え、抜歯を少なくし、インプラント治療を少なくしていこうという医院の方針をより強い物にしました。



posted by 清水 信行 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 講習会・勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。