入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2013年10月24日

動かない、下あごの部分入れ歯(浜松市 入れ歯 インプラント)

入れ歯は一般的に下あごの方が難しいです。
舌ベロという筋肉の塊によって浮き上がったり、上顎よりも面積が小さいので同じ力でも圧力が大きくなって痛みが出やすかったりするからです。
予算に限りがあるならば、上あごよりも下あごの治療に費用をかけて下さい。
そしてインプラント治療が理想ですが、予算もしくは健康に問題があってインプラントができないときは レジリエンツテレスコープデンチャー を強くお勧めします。

レジリエンツテレスコープデンチャー
上下の顎を同時に型取りした物です。筋肉の動きが型取り材に反映されています。
レジリエンツテレスコープデンチャー レジリエンツテレスコープデンチャー
下あごには2本歯が残っていました。その歯にかぶせる様に入れ歯を装着します。
この義歯がレジリエンツテレスコープデンチャーです。
コーヌステレスコープデンチャーよりも歯への負担が少ないのが特徴です。
吸い付いてはずれません。患者さんからも 全く動かない とおっしゃって頂けました。
レジリエンツテレスコープデンチャー レジリエンツテレスコープデンチャー
上顎は総義歯です。
顔の筋肉の動きを型取りに再現させたおかげで、 歯があった頃の口もとに非常に近い とおっしゃって頂けました。

生活に不自由無く、たいていの物は噛めると評価して頂けました。
しかし、大きく口あけると上の総入れ歯が落ちてくるという事だけ、解決できませんでした。
原因は上あごについている筋肉のスジが、口を開けた時に入れ歯を浮き上がらせる事にありました。
現在、総合病院口腔外科にてスジを切り、硬い歯茎を増やす手術をしてもらっています。
この手術が終われば大きく口を開けても入れ歯は落ちてこない様になります。

今回の下あごのレジリエンツテレスコープデンチャの費用は 62万+税 でした。
内訳は 被せ物16万×歯2本=32万 チタン金属床=30万 です。
上顎レジン床義歯=10万+税 でした。

インプラント治療ならば、場合によっては数百万かかると思います。また、外科処置も必要です。
しかも、インプラントは失った歯が多い程治療費が高くなりますが、この義歯は逆に安価になります。
健康に不安のある方、高齢者にはぜひともこのレジリエンツテレスコープデンチャーをお勧めします。
総入れ歯になる前に、ぜひ、やってみて下さい。
健康で動かない丈夫な奥歯か犬歯が1本あれば、動かない・吸い付く入れ歯を作る事ができます。



posted by 清水 信行 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 入れ歯・かみ合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。