入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2013年07月11日

訪問診療と南区介護支援専門医連絡協議会

2013.07.11 (1)-1.jpg
午前中は浜松市医療センターの入院患者さんの所へ訪問診療です。
最終的には入れ歯を入れなければならないのですが、その前処理が必要です。
部分入れ歯が合わないのは部分入れ歯が悪いわけではありません。
残っている歯の状態および歯並びが原因です。
よって残っている歯を入れ歯に合わせた形に改変しなければなりません。

入れ歯を作るだけなら単なる作業ですが、目的は入れ歯を作る事ではありません
食事ができる様にする事が目的です。
写真の設備は台車を使わなければ、男の私でもとてもではありませんが持ち運びできません。
業者のパンフレットでは細身の女性が片手で軽々と運んでいるのですが・・・・ もうやだ〜(悲しい顔)
訪問診療をしていましたら、介護士の方から訪問診療があるとは知らなかったと伺いました。
訪問診療に関して浜松市の歯科医師会はずいぶん力を入れ宣伝しているつもりなのですが、なかなか知られていない様です。その係についているものとして残念です。

午後は南区介護支援専門医連絡協議会です。
ケアマネージャーと歯科医が互いの業務の事を知り、在宅支援における歯科治療の要求にこたえようとするものです。
私自身は中区ですが、仕事の都合で南区にも参加してきました。
当たり前と思っている事が、相手は意外と知らないという事をあらためて知りました。


posted by 清水 信行 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。