入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2012年03月12日

膿んだ歯を残す(浜松市 歯を残す 根管治療 膿袋 )

2年ほど前にはが痛いという事で来院された方です。
浜松市 歯を残す 歯を抜かない 膿んだ歯 膿袋 根管治療
根の先に膿袋ができて、化膿して痛んでいます。
「神経がないのになぜ痛いのですか?」という質問はよく受けます。
歯が痛いのではないのです。歯の根の先の組織が痛いのです。
爪を想像して下さい。爪は切っても痛くありません。しかし爪と皮膚の間が化膿すると痛みます。
神経のない歯と周囲組織は、この爪と周囲の皮膚との関係に相当します。

ですから神経がなくても痛みが出るのです。

「それなら薬が詰まっているのになぜ痛むのですか?」 とさらにおっしゃる方もいます。
著作権の関係で写真は出せないので 「根管 歯 墨汁』などで画像検索 してみて下さい。
上のレントゲン写真で白く写っているのが薬です。
根の先までしっかり詰まっています。
しかし根の先の神経の出口は実際には1本ではありません。
あたかもナイル川のデルタ地帯の河口の様に、行く筋もの分岐があります。
薬はその内の本流部分(主根管)にしか入りません。支流の部分(側枝)には、まれにしか薬が詰まりません。
この側枝の中に体の抵抗力を超える細菌が残っていると、レントゲン上ではしっかり薬が詰まっている様に見えても、化膿してくる事があります。

結局、どんなにすばらしい治療をしても、病気になっていない天然の状態よりも良くなる事はないのです。
中を掃除して、薬をつめ直しました。
浜松市 歯を残す 歯を抜かない 膿んだ歯 膿袋 根管治療
しかし、昨年に再発しました。
続く




posted by 清水 信行 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯を残す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。