入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2011年08月29日

再生療法の2回目の手術(浜松市 歯周病 インプラント 顎関節症 咬み合わせ)

約1年前の歯周病の手術の写真です。矢印の所は一見特に悪い様には見えません。
歯科再生療法

しかし、歯ぐきをあけてみると矢印が示している位置に、黒い歯石が多量に付着しています。
メスで歯ぐきを開くのは患者さんにとっては実にいやな事ですが、やらねば歯石はついたままです。
歯科再生療法

歯石と化膿した歯ぐき(不良肉芽)を除去した所です。 だいぶ骨もなくなっています。
歯科再生療法
この欠損した骨の部分に、骨の再生をうながす薬品と人工骨を入れます。

約1年後です。この間に他の部位の大きな治療を行っていました。だいぶ骨ができています。
歯科再生療法
「再生療法」というと聞こえは良いですが、「10」の再生を求めても、せいぜい「8」くらいしか骨はできません。
できなかった「2」の部分に骨の段差ができ、その段差に歯周病のばい菌がたまり、歯周病が再発する可能性が高まります。

そこで、再生療法の手術を行ってから数ヶ月後にもう一度手術をして、その段差を削ってなだらかにして、ばい菌がたまりにくいようにします。
また、それと同時に硬い歯ぐきを作って、歯ぐきの観点からも歯周病になりにくい状態にしていきます。

2回も同じ場所を手術するのは患者さんにとって大変苦痛ですが、長い目で見ると本当に大切な事です。
何卒ご理解ください。
Iさん、おつかれさまでした。左側の治療のヤマは越えました。右側をがんばっていきましょう!




posted by 清水 信行 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・再生療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。