入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2011年08月14日

歯周病と歯並び(浜松市 歯周病 インプラント)

歯並びが悪いと歯周病になりやすくなります。歯周病になると歯を失いやすくなります。 よって、歯並びが悪いと歯を失いやすくなります。

歯並びが悪いと汚れがたまりやすくなります。
すると歯の周りに炎症がおきます。
歯並びが悪いと特定の歯に大きな力がかかり、あたかも釘抜きで揺さぶりをかけられる釘のようになります。
歯並びが悪いと汚れによる炎症と揺さぶられる力のダブルパンチで、きれいな歯並びの人よりも早く歯が抜けてしまいます。
歯並びが良い人でも歯周病になると歯の位置がずれてくるので、悪化のスピードは継時的に増してきます。

2011−01 浜松市 歯周病 インプラント

2011−06 浜松市 歯周病 インプラント

2011−0811浜松市 歯周病 インプラント

8ヶ月でだいぶ並んできました。
最終的には抜歯する歯も、今は残してあります。歯が無いと並べる位置がわかりにくくなる為です。トラブルが頻発するようならば先に抜歯します。
歯周病のない理想的な矯正治療とは違って、妥協点は多くなってしまいます。
しかし、初診時の歯並びでインプラントなど咬み合わせの治療をしたら、未来に不安をもっと残します。
Wさん、先はまだ長いですが、頑張りましょう!


posted by 清水 信行 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 矯正治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。