入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2011年01月24日

骨が薄い部分のインプラント(浜松市 歯周病 インプラント)

以前紹介した骨が薄い部分へのインプラントの続きです。
術前です。 カラーだと一般の方にはインパクトが強いので白黒にしてあります。
浜松市 歯周病 インプラント 浜松市 歯周病 インプラント
このままではインプラントの側面が骨がか露出してしまいます。
そこで骨を作る手術をします。昨年の2月頃の手術です。
術後です。
浜松市 歯周病 インプラント 浜松市 歯周病 インプラント
日付をみたら昨年の6月でした。骨ができたので、硬い歯ぐきを作る手術をしているところです。
口の天井にある硬い肉を歯やインプラントの頰側にずらしてその部分に硬い肉を作るAPFという手術です。


最近疲れがひどくてコンピューターに向かうのが億劫になり、更新が少なくなっていました。
すると、激励のメールや更新を促すメールが数通届きました。
このブログをご覧になって手術の内容を知り恐怖感が少なくなって下さるならば、私もうれしく思います。
日々の雑感も含めて、更新がんばってみようと思います。


posted by 清水 信行 at 22:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
若さと今までの勢いでで走ってこられた30代も、40の声を聞くと今までの蓄積が顔を出してくるものです。
自分自身も視力の変化と各関節のコリのほぐれに手間取るようになったということから「そういう年齢になってきたのだなあ」と感じる昨今です。

御自愛ください。
Posted by shibata at 2011年01月27日 20:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。