入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2010年07月19日

歯周病と矯正治療(浜松市 歯周病 インプラント)

歯周病になると歯を支える骨が少なくなります。
骨は歯を支えることができなくなるため、歯は倒れて歯ならびが悪くなります。
歯ならびが悪くなると、歯の長軸とは違う方向に力を受けることになるため、歯への負担がより大きくなります。
このようにして歯を失うスピードが加速度的に増していきます。


歯ならびが良くて歯周病だけならば、歯周病の治療をすれば良いです。
歯ならびが悪くて歯周病がないならば、矯正治療をすれば良いです。
しかし、歯ならびが悪くて歯周病があるとなると、非常に難しくなります。
歯ならびの治療を後回しにすれば力で歯が抜けてしまうし、歯周病治療を後回しにすれば歯周病で歯が失われます。
歯周病治療もして矯正治療もするから治療期間は非常に長くなります。

40代男性です。初診から約4年でようやくここまで来ました。
浜松市 歯周病 インプラント 虫歯
浜松市 歯周病 インプラント 虫歯
約1年かけて歯ぐきを引き締め、歯ぐきの下の歯石を取り、硬い歯ぐきを作りました。(すべて保険治療)歯ぐきが引き締まり歯が長くなっていること、歯ぐきの色が変わっていることがおわかり頂けるでしょうか。
その後、当時矯正の先生が当院にいなかったため矯正歯科を紹介しました。
もう一息です。頑張って下さい!



posted by 清水 信行 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。