入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2010年07月06日

小さく見えて、実は大きな虫歯(浜松市 インプラント 歯周病 虫歯)

6月、7月は学校の歯科検診の紙を持って来院される学生が増えます。
そして、その保護者の方と話をすると、しばしば耳にする言葉があります。それは
「以前、たいしたことない虫歯なのに、大きく削られたことがある。」

という言葉です。

歯医者の立場から申しますと、わざわざ大きく削るということはないと思います。
大きく削ろうと小さく削ろうと、診療報酬にそれほど差はありません。大きく削って材料費や技工費・手間がかかる方が大変です。

ではなぜ大きく削ることになるのでしょうか?
この写真では小さな穴があいています。
浜松市 インプラント 歯周病 虫歯
しかし実際削るとこれくらい穴があいています。
浜松市 インプラント 歯周病 虫歯
レントゲン写真です。矢印の指す黒い影が虫歯です。
浜松市 インプラント 歯周病 虫歯

歯の表面はエナメル質という物質で覆われています。 そして歯の内部は象牙質という物質で作られています。
この象牙質はエナメル質よりも柔らかいため、エナメル質にあいた小さな穴から虫歯菌が象牙質に到達すると、内部で大きく虫歯が進行してしまうのです。

歯科治療はその回数や治療期間・歯を削る量などで、不満を感じる方が大勢います。しかし、そのようにしなければならない理由というのも必ずあります。
私は家を建てる時や生命保険に入る時、様々な不信や不満がありました。
しかし、身内にその業界で働く人がいたため、その不信や不満が素人判断の誤ったものであることを知ることができました。
歯科治療も同様だと思います。
患者さんにとって都合の良い「早い・安い・削らない・回数が少ない」治療には、本職の人が見て、疑問に思う場合があることをご理解下さい。
posted by 清水 信行 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫歯・知覚過敏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。