入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2010年06月27日

虫歯とかみ合わせ(咬合)

10-0626.jpg26日(土)は日本大学の静岡県同窓会がありました。
同窓会では必ず学術講演会が同時に行われます。
演者は東京都港区開業のN先生です。

噛む力・かみ合わせと歯のひび割れ・破折、そしてそこからできる虫歯との関係については10年位前から知られるようになってきました。
「噛む力が強すぎて、歯にヒビが入る」 と聞くと、患者さんは 「歯の表面から割れてくる」 と思うかもしれません。

ところが実際は歯の内側(エナメル質と象牙質の間)からヒビが入り、外側に向かってヒビが拡大します。
つまり表面にヒビが入っている時は、既に深いひび割れとなっているということです
さらに不思議なことに、力がかかっている部分の直下にヒビが入るとは限りません
そしてそのヒビと、歯の表面のエナメル質と象牙質との間に虫歯ができてきます


歯の汚れは歯磨きなどをすれば患者さん自身でコントロールできますが、力はコントロールできません。
歯のトラブルを完全になくすのは本当に難しいです。


posted by 清水 信行 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 虫歯・知覚過敏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。