入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2010年01月09日

歯周病・歯槽膿漏:腫れた歯ぐきを引き締める(浜松市 歯周病 インプラント 矯正)

歯ぐきからの出血と排膿(膿が出ること)を主訴として来院されました。
歯と歯の間の歯ぐきが丸く膨らんでいます。歯ぐきは少し黒ずんでいます。
09-1212-01.jpg
p.gingivalis(Pg菌)と言う歯周病菌を代表する菌が多いと歯ぐきが黒ずみます。
また、喫煙者は歯ぐきが黒く硬くなります。
「歯ぐきが硬くなるなら良いことじゃない?」と思うかもしれません。
確かに硬くなって歯ぐきが下がらないことが多いです。
ところが、歯ぐきのしたで歯を支える骨は無くなっていることは珍しいことではないのです。

症状が現れずに悪化するという、非常に良くない状態になるのです。

幸い、歯ぐきは腫れていましたが、骨の吸収はそれほどではありませんでした。
角化歯肉を残して歯ぐきを引き締めるためにAPF(歯肉弁根尖側移動術)という治療をしました。術後1ヶ月の写真です。
10-0109-01.jpg
歯ぐきが安定するのに約4ヶ月かかります。まだ1ヶ月ですが、かなり歯ぐきが引き締まって、歯と歯の間の歯肉の形がシュッと尖った形になりつつあるのが、おわかり頂けるでしょうか。
術前・術後で並べます。
09-1212-02.jpg 1757_2010.01.09_L022.jpg
外科処置は嫌なものですが、より良い結果を得るためには乗り越えなければならない時があります。がんばっていきましょう!


posted by 清水 信行 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。