入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2010年01月08日

新年第1週の診療

1月5日から診療を開始しました。
昨年の診療はインプラントの2次手術とインプラントの埋入で締めくくりましたが、新年もインプラント2次手術と埋入、そして矯正診療で幕開きました。

昨年、ほほ側に骨を作って(GBR)、インプラントを入れた方です。
インプラントの周りに硬い歯ぐきを作る、インプラント2次手術を行いました。
10-0105-01.jpg
骨を作るとその分だけ体積が増えます。
すると今まで骨を覆っていた歯ぐきを引きのばして骨の上にかぶせることになりますので、硬い歯ぐきが無くなってしまいます。
硬い歯ぐきがあると歯やインプラントは歯周病になりにくくなるので、あるにこしたことはありません。
APFという体への侵襲の少ない方法もあるのですが、一部歯ぐきがなくなっていたためそれができず、写真の様に移植(FGG)となりました。

10-0106-01.jpg
インプラントの埋入は簡単でした。久しぶりに、ほとんど骨を作らずに埋入可能でした。
インプラント埋入30分くらいですが、むしろ傷口の縫い合わせに時間がかかります。
緑の線で囲まれた部位が下顎管とよばれる管です。この中に下歯槽神経が走っています。ここを触ると神経麻痺がでるので、たとえインプラントがくっつかなくても、ここを触るわけにはいきません。

インプラントは入れ歯を回避するばかりではなく、残っている歯の寿命も延ばす、すばらしい治療です。
極論かもしれませんが、歯を削ってかぶせ物を入れるブリッジ治療は、歯の未来も削っているともいえると思います。削ると歯の寿命が短くなるからです。
1本だけ歯をなくした青年・中年層こそ、インプラント治療をおすすめします!




posted by 清水 信行 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。