入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2009年11月30日

金属を全く使わない(メタルフリー)の審美歯科

自転車で転倒し、歯を折った方です。歯の根元から折れました。歯の根は割れていなかったのが不幸中の幸いです。歯の根が割れていたら抜歯せざるをえませんでした。
浜松市 審美歯科 白い歯 オールセラミクス

根管治療の後、ファイバーコアーというメタルフリー(金属を使わない)の心棒を建てました。
浜松市 審美歯科 白い歯 オールセラミクス
保険診療ではこの心棒(コア)に銀合金を使います。
銀合金のコアは弾性係数が歯とはだいぶ異なるため、クサビを打ち込む様な力を歯にかけてしまい、歯を割ってしまうこともあります。また、金属が溶け出し、歯や歯の根、歯ぐきを黒くしてしまうこともあります。
安価ではありますが、生体親和性という点では疑問があります。

ファイバーコアを建てた後はオールセラミックスクラウンを装着しました。
オールセラミクスクラウンは金属の裏打ちがないため光の透過性がよく、自然観がでやすいです。
浜松市 審美歯科 白い歯 オールセラミクス 浜松市 審美歯科 白い歯 オールセラミクス

保険のかぶせ物は硬質レジン前裝冠とよばれるものです。
銀歯で使われる金銀パラジウム合金にプラスチックをはりつけたものです。
装着直後は透明感はないもののきれいですが、やがて色がくもり黄ばんできます。
給食で使われるプラスチックのお盆やプラスチックのコップを想像して下さい。
使っているうちに傷が目立ち透明感が失われていくと思います。まさにそのような状態です。また、保険で使われる金銀パラジウム合金は腐食し、色が黒くなり、歯ぐきが黒ずんで見えてきます。
オールセラミクスクラウンや、金の含有量が多い金属で裏打ちされたセラモメタルクラウン(メタボン)ではこのようなことはありません。
美しさを重視するなら、ファイバーコア+オールセラミクスクラウンをお勧めします。






posted by 清水 信行 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 白いかぶせ物/金属アレルギー対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。