入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2009年07月17日

総入れ歯からインプラントへ(浜松市 インプラント 歯周病)

2007年に来院された方です。「快適に咬める様になりたい」 とのことでした。
初診時です。
浜松市 インプラント 歯周病
下あごの歯は1本も残すことができず、総義歯となりました。
患者さんと相談の結果、下はインプラント、上は義歯となりました。
上あごの義歯は慣れますが、下あごの義歯は痛みがでやすく、慣れないことが多いからです。また、下あごの歯がしっかりしていれば、上は入れ歯でもかなりしっかり咬むことができます。
ですから、「費用をかけるならば下あごにした方がいいです。」 と説明しております。

本日最終的な物を装着しました。
浜松市 インプラント 歯周病

術前術後の比較です。
浜松市 インプラント 歯周病

浜松市 インプラント 歯周病

レントゲンです。
浜松市 インプラント 歯周病

下あごに6本インプラントが入り、自前の歯と同じ取り外しをしないタイプになりました。
下あごが入れ歯なしに咬める様になったのは、初来院から約半年後のことでした。
しかし、インプラントの周りに硬い歯ぐきを作って歯周病菌や頬の粘膜の力から守る手術(FGG:遊離歯肉移植術)をしたり、かみ合わせを整えたりしている間に2年が経ってしまいました。
下の写真はかみ合わせを分析する咬合器という器機です。
浜松市 インプラント 歯周病

下あごの場合インプラントは4本でも大丈夫という治療法もあります。
当医院でも導入を検討しています。
インプラントの本数が少ないほど、手術の体への負担と経済的負担が少なくなるからです。
しかし、インプラント1本にかかる力の負担についても考えなければなりません。

かぶせ物はセラミックです。金属と比較して 「表面が滑らかで汚れがつきにくい」 という利点があります。また、 「透明感があって自然に見える」 という長所もあります。

2年間、本当におつかれさまでした。 そして・・・
Congratulations!




posted by 清水 信行 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病・インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。