入れ歯・義歯 専用サイト 開設しました。 外科手術に恐怖を感じる方に、どのような治療をしたら良いか? 保険診療の入れ歯ではとても満足できないが、さりとて インプラントでは高額すぎるという方に、どのような治療を提示したら良いか? 悪くならない治療ではなく、悪くなっても対応できる治療法は無いか? このような疑問に応える為に、このサイトを開設しました。 よろしければご覧ください。保険診療の症例もあります。

2009年05月08日

何度も腫れる歯(浜松市 歯科 インプラント 矯正)

「左下の奥歯がしょっちゅう歯ぐきが腫れてきます。歯周病でしょうか?」ということで来院されました。

全体写真(パノラマ写真)の左半分です。
'09-0508-01.jpg

問題の歯の一部写真(デンタル写真)と説明用の図です。
'09-0508-02.jpg '09-0508-03.jpg

このように骨の一部分だけが落ち込んでいる状態の骨欠損形態を「垂直的骨欠損」と言います。
原因としては
深い所に歯石がついている。
過大な力が歯にかかって、歯が揺すぶられている
歯の根の病気と歯周病がつながってしまっている

ということがあげられます。
しかし、 もう一つ大きな原因 があります。それは
歯が割れている

ということです。

もし歯が割れていたならば、残念ながら抜歯せざるを得ません。
たまに残せることもあるのですが、奥歯の様に強い力がかかる場所はやはり残せません。
「歯が割れてい多場合は抜歯せざるを得ません。
また、入れ歯が嫌ならば
インプラントより他に方法はありません。」

と説明し、確認作業に入りました。

歯の写真と説明用の図です。
'09-0508-04.jpg '09-0508-05.jpg

割れていました。
保存は難しいです。抜歯を勧めました。患者さんの回答は
「悪いのはわかりました。治せないのもわかりました。でも原因がわかってほっとしました。歯がグラグラするまで残して下さい」
というものでした。
「割れている歯を残していると、周りの骨がどんどんなくなって、
インプラントもしにくくなりますよ。」

と説明した所、とりあえず経過観察して、あまりにも骨がなくなる様ならば抜歯、その後インプラントとなりました。

インプラントは高額治療ですから決断がつかないのはごもっともです。
ただ、割れた歯を残しておくと骨が無くなって、後でインプラント治療が難しくなる ということをご理解下さい。




posted by 清水 信行 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯を残す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。